実車走行試験向けハイスピードカメラ・画像計測の新提案

  • 可視化
  • 自動車
  • #研究・開発
  • #自動運転
  • #解析
  • #試験・測定

走行試験画像計測ソリューションとして、ハイスピードカメラ(高速度カメラ)と画像計測手法について紹介いたします。

自動車開発の現場では、CASEやEV開発、カーボンニュートラルの広がりなどと同様にデジタル車両開発への転換・ニーズが高まっています。衝突試験では、かねてより画像計測が用いられてきましたが走行試験においても画像計測や3次元解析の要望が年々増加しています。走行試験において、テストコース走行中の部品・車体・ドライバーの挙動を撮影するには、狭所へ設置ができること、そして走行中に途切れなく録画できることが必要です。

そこで狭所への設置が容易な15×15×15mmの超小型カメラヘッドを搭載し、テストコース走行中の部品・車体・ドライバーの挙動を最大268秒※の撮影が可能な走行試験向けマルチヘッドハイスピードカメラとカメラ1 台で位置・姿勢を計測できるモーションキャプチャーシステム、3 次元画像解析を組み合わせたソリューションを提案いたします。

※800×600画素時

目次

今まで可視化できなかった部分を可視化し、画像解析まで実現いたします。

【計測ポイント】

  • 悪路走行試験
  • 実車走行試験での乗り心地評価や車両評価
  • NVH(騒音・振動・ハーシュネス)研究の画像データ取得
  • 実映像とシミュレーションデータとの比較など

システム概要

[撮影部] 長時間記録マルチヘッドハイスピードカメラ
「FASTCAM MH6 type LT」

「FASTCAM MH6 type LT」は「FASTCAM MH6」を長時間撮影に特化させた、実車走行試験向けハイスピードカメラです。撮影速度250 fps・解像度800×600画素時で268秒、フルHD(1920×1080画素)時で124秒の長時間撮影が可能であり、従来製品のMH6と比較して約5倍の撮影時間を実現しました。

さらに、メインユニットに内蔵しているデータ保存用SSDを使うことで、従来は1回の試験ごとにダウンロードが必要であった試験データを複数回分保存することが可能となり、最大13回分の試験を連続的におこなうことが可能です。
これにより、連続的に試験が実施できるため、毎回のデータダウンロード時間の短縮はもちろん、「撮影時間を長くしたい」「試験回数を増やしたい」というユーザーの声にも応え、業務の効率化を支援いたします。

声にも応え、業務の効率化を支援いたします。

撮影性能表

  • ST-Camは1chあたり最大2ヘッド接続可能。
  • ST-CamとHD-Camを混在接続した場合の撮影時間は別途お問合せください。

狭所での撮影が容易な15×15×15mm、15gの超小型カメラヘッドを最大12ヘッド同時接続可能

15mm角の超小型カメラヘッド「ST Camera head (ST-Cam)」は、800×600画素で1,000 fpsの撮影が可能です。最大12台同時接続した完全同期撮影で、多視点の可視化や3次元解析用の撮影も容易におこなうことができます。従来設置が難しかった個所での撮影に適したカメラヘッドです。

ST-Cam設置事例

製品詳細はこちら

[画像解析] 簡易モーションキャプチャシステム
「6D-MARKER Analyst」

「6D-MARKER Analyst」はカメラ1台と特殊なマーカー1枚から6自由度の位置(X, Y, Z)・姿勢(Roll, Pitch, Yaw)を3次元画像計測できる簡易モーションキャプチャシステムです。
システム構成がシンプルで省スペースかつカメラが衝撃や振動下でも計測できるため、自動車の走行試験やエンジンの振動解析など一般的なモーションキャプチャでは困難な環境での3次元画像計測を実現します。

製品詳細はこちら

[画像解析]高機能画像解析ソフトウェア「TEMA」

「TEMA」は3Dモデル解析や6自由度解析も備えた運動解析、画像解析ソフトウェアです。強力な追跡アルゴリズムや、グラフ作成・補正フィルタ・数値変換・光学補正などの高度な解析機能を提供しています。

基本機能を備えた「TEMA Classic」「TEMA Pro」をベースに、解析用途に合わせた3D(3次元)解析、6DoF(6自由度)解析に加え、エアバッグなどの輪郭解析・体積解析、複数カメラを組み合わせた6DoF(6自由度)解析のオンボード6D、スキャナーを組み合わせた3Dモデルという先進的且つ発展的なオプションも提供しています。

製品詳細はこちら

[各種センサー]データロガー

走行試験画像計測において、車両状態や路面状況を確認しつつ、画像と正しく同期して撮影できているかどうかが重要となります。

「FASTCAM MH6 type LT」では、トリガ(TTL/同期)、同期信号を入力/出力することができるので、ロードセル、ひずみゲージ、騒音計、加速度ピックアップ、CANデータ、6分力トルク計、ジャイロセンサー等各センサーデータとの同期が可能です。
※対応センサーは各計測器により異なります。

関連資料ダウンロード

ハイスピードカメラの選定・販売・レンタルから
撮影・解析までお任せください

お問い合わせは
こちらから

専門知識を持った担当者が
お客様の課題や要件をお伺いします

無償デモ撮影・解析
の申し込み

ハイスピードカメラの動作や
必要性を事前に検証できます

製品価格入り資料を
ダウンロード

製品のカタログや活用事例集を
無料でダウンロードできます

電話でお問い合わせ

平日9:00~17:00

050-5211-8270