INFINICAM<近日リリース予定>

リアルタイム圧縮 
ストリーミングハイスピードカメラ

INFINICAMはUSB3.1で120万画素の画像データを1,000コマ/秒でPCメモリに転送できるストリーミングハイスピードカメラです。メモリ上で量子化されたデータを画像処理することで、簡単に高速画像処理システムが構築できます。

特長

高速画像処理をシンプルに

これまで高速画像処理には専用ボードや複雑なケーブル配線が必要でしたが、汎用のUSB3.1TypeCケーブル1本とPC1台で環境を構築できます。

小型軽量・汎用Cマウント

55mm×55mm×55mm、280gの小型軽量筐体なので設置が簡単です。Cマウントレンズ対応なので様々なレンズを選択できます。

リアルタイム高速画像圧縮

データ容量を1/4以下にリアルタイム圧縮し、通常USB3.1では送れない解像度1246×1008画素で1,000コマ/秒、最大3万コマ/秒の高速画像転送が可能です。

オープンな開発環境

最新SDKや開発環境、マニュアル類をWEB上でダウンロードできます。サンプルプログラムのソースコードなども順次公開していきます。

アプリケーションと画像処理の例

  • ・物体検知
  • ・物体追跡
  • ・モーション解析 ・物体のラベリング
  • ・テンプレートマッチング
  • ・フィルタリング
  • ・フォーカス検知
  • ・エッジ検出
  • ・表面粗さ解析
  • ・オプティカルフロー
  • ・タイリング
  • ・クラスタリング
  • ・空間周波数解析
  • ・デジタルホログラフィ
  • お問い合わせ

    ご質問や詳細な情報をお聞きしたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

    メールでお問い合わせ

    お電話でのお問い合わせ 03-3518-6271