基板実装・検査で活躍するデジタル製造ソリューション

CATEGORY
可視化
KEYWORD
解析 / 試験・測定

2021.11.15

製造業のデジタル化が進む中、生産性の高い製造が求められています。
基板実装・検査領域でフォトロンが提案するデジタル製造ソリューションは、テーピングや実装などのトラブルシューティング、はんだ付け前後の目視検査など、従来のカンコツをデジタルの目で見える化し、お客様の業務効率化・業務デジタル化を支援します。

キーワード
テーピング、実装、自動実装、検査、はんだ付け、目視検査



テーピング・実装

テーピング

キャリアテープにICを装填する挙動を可視化できます。
高速に動くヘッドの挙動を観察する事で抜け、転覆、など各種トラブルシューティングに活用いただけます。
数mmの部品でもカメラにズームレンズを取り付ける拡大撮影で一瞬を逃しません。

実装

基板実装時に起こる未実装、部品ズレ、部品立ちなどのよく起こる不良の解析にハイスピードカメラは有効です。
何が起きているかを可視化することで、チョコ停原因を解析し歩留まり改善や不良率低減の対策に役立ちます。


・2,000FPSの高速撮影性能
・2カメラ同時シンクロ撮影
・最長17時間の長時間録画機能


・500FPS~ 選べる高性能カメラ
・データロガーと接続、同時収録可能
・画像トリガーでカメラにお任せ撮影



検査

検査

AOIによる基板実装検査は設定の手間と投資がネックになりがちです。
特に多品種小ロットを手掛ける現場では外観検査装置導入に至らず目視検査に頼りますが、人によるばらつきが課題になります。
目視検査以上AOI以下、隙間を埋める画像検査システムをご紹介します。


・1800万画素の高画素カメラ
・簡単設定
・形状、色違いも判定可能
 (ズレ/抜け/赤目/ブリッジ)

検査画面例
・基準画像を1枚だけ登録
・メッシュをかけて簡単設定
・検査はボタンを押すだけ

複数箇所をまとめて検査
・検査箇所は無制限
・検出サイズ/要素を個別設定
・「ブリッジ」「印字」「ねじの有無」などを一度にまとめて検査

関連リンク

関連資料ダウンロード


ソリューションのトップへ戻る