Python対応の120万画素&1,000 fpsで撮影できるUSBストリーミングハイスピードカメラ「INFINICAM UC-1 SDK Ver.1.3」を5月25日より公開

Python対応の120万画素&1,000 fpsで撮影できるUSBストリーミングハイスピードカメラ「INFINICAM UC-1 SDK Ver.1.3」を5月25日より公開
CATEGORY
ニュースリリース / 製品・サービス / ハイスピードカメラ

2021.05.25

株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 瀧水隆)は、120万画素&1,000 fpsで撮影した画像データをPC側メモリにリアルタイム転送できるUSBストリーミングハイスピードカメラINFINICAM UC-1の最新版「INFINICAM UC-1 SDK Ver.1.3」を2021年5月25日より公開します。

製品名INFINICAM UC-1 SDK Ver.1.3
公開日2021年5月25日

開発背景

 株式会社フォトロンは、民間企業の研究開発部門や生産技術部門、大学官公庁の最先端の研究開発テーマに向けた画像システムソリューションを提供しております。
 近年、 コンピュータービジョン/マシンビジョンの分野で、AIや機械学習を活用した画像処理と高速撮影・リアルタイム撮影のニーズが高まっています。
当社は、こうした市場の要求に対して、120万画素&1,000fpsの高速高解像度で撮影した画像データをPC側メモリにリアルタイム転送できる新しいハイスピードカメラINFINICAM UC-1を2020年12月21日に発売いたしました。
 INFINICAM UC-1リリース後、大きな反響を呼び利用者からも好意的なご意見をいただいておりますが、その一方で、コンピュータービジョン/マシンビジョンの分野でより利用しやすくなるようなSDK環境の開発が求められておりました。
 今回発表する「INFINICAM UC-1 SDK Ver.1.3」では、従来のC/C++に加えてPythonをサポートしました。これにより、より簡単かつ汎用性の高いプログラミングでINFINICAM UC-1を制御することが可能になります。
 更に、INFINICAM UC-1を使用した制御プログラムを開発したい方々のひな型として、C/C++およびPythonにて1,000fpsでのリアルタイム画像処理を可能にするサンプルアプリ(ソースコード付き)も公開します。

最新版 SDK Ver.1.3概要

Python対応でたった4行のプログラミングでデータキャプチャが可能

最新SDKでは、コンピュータービジョン/マシンビジョン分野で一般的なPythonに対応し、より簡単で直感的なプログラミングが可能になりました。例えば画像取得のコーディングは以下のように、たった4行で済むために素早い実装が可能です。

例)カメラの初期化と1枚画像キャプチャ
cam = CameraFactory().create()
decoder = cam.decoder()
xferData = cam.grab()
img = decoder.decode(xferData)

OpenCVにて1,000fpsリアルタイム画像処理を行うサンプルアプリを公開

OpenCVにて、1,000fpsでリアルタイム画像処理をするサンプルアプリをソースコード(C++およびPython)付きで公開しました。下記画像は公開したサンプルアプリの一例で、スマートフォンのLEDライトを捉え、XYの座標値をリアルタイムで計算し出力しています。当社Webサイトにて動画で公開しております。

関連情報

お問い合わせ窓口

株式会社フォトロン システムソリューション事業本部

電話
03-3518-6271
FAX
03-3518-6279
メール

ニューストップへ戻る