高速X線透視ソリューション

  • 透視
  • #X線
  • #挙動解析
  • #研究・開発
  • #解析
  • #試験・測定

高速度カメラ製品ラインナップ&事例集

資料をダウンロードする

ハイスピードX線透過システムでは、X線発生器から照射されるX線を高速度・高速応答X線センサを通じて可視光に変換します。高速度・高速応答X線センサは高速応答蛍光体を採用することで高速化を実現しております。ハイスピードカメラとX線透過装置を組み合わせることで、従来では得ることができない物体内部の挙動を動的にとらえることができます。

目次

ハイスピードX線透過システムでは、X線発生器から照射されるX線を高速度・高速応答X線センサを通じて可視光に変換します。高速度・高速応答X線センサは高速応答蛍光体を採用することで高速化を実現しております。ハイスピードカメラとX線透過装置を組み合わせることで、従来では得ることができない物体内部の挙動を動的にとらえることができます。

事例紹介:リチウムイオン電池釘刺し試験の内部挙動観察

釘刺し試験のハイスピード透視観察

引用元:横島時彦、向山大吉、逢坂哲彌、高澤孝次、江草 俊、直井里美、石倉 悟、山本耕市;“超高速高解像度X線スキャナを用いたLIB内部短絡試験の内部状態Operando観察”、第58回電池討論会、2I01、(2017)
提供元:早稲田大学、(株)東芝、東芝ITコントロールシステム(株)

リチウムイオン電池の釘差し試験において、ハイスピードX線透過システムを利用することで、内部短絡時の内部状態を動的に観察することができます。
これにより、釘差し角度の違いによる各層への到達状態からリチウムイオン電池の損傷過程を解析することができます。X線CT装置と組み合わせることで損傷状態をより鮮明に解析することも可能です。

事例紹介:モーター内部の挙動観察

フレームレート:40,000fps(25μsごと)

モーターの内部観察(40,000fps(25μsごと))

モーター内部の透過観察の様子です。機構部、動作部の挙動観察を行うことで、時間ごとの回転角度、それに伴う不具合状況、軸ブレ等を観察することができます。
※この事例では125μsで1回転していて、ブレの無いことが確認できています。

動画事例:電池釘差し試験、モーター回転、レンズの落下

ハイスピードX線透過システム

主な用途

  • 二次電池の損傷過程解析
  • 精密機械の落下時の内部観察
  • 機構部、動作部の挙動観察
  • 液体、粉体の挙動観測、溶接現象観察 他

受託試験サービス

■概要
ハイスピードカメラとX線透過装置を組み合わせた内部観察・挙動解析には興味はあるが、既存の設備では実現できないというご要望に合わせて、利用プランをご提案致します。 
撮影時には専門の技術員がお客様の要望に合わせて撮像・解析についてのお手伝いを致します。
まずはお困りごとについてお気軽にお問い合わせください。

■利用フロー

受託試験サービスご利用時の流れ

価格についてはお問い合わせください。

お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

ハイスピードカメラの選定・販売・レンタルから
撮影・解析までお任せください

お問い合わせは
こちらから

専門知識を持った担当者が
お客様の課題や要件をお伺いします

無償デモ撮影・解析
の申し込み

ハイスピードカメラの動作や
必要性を事前に検証できます

製品価格入り資料を
ダウンロード

製品のカタログや活用事例集を
無料でダウンロードできます

電話でお問い合わせ

平日9:00~17:00

050-5211-8270