コンテンツ制作フローの構築と運用に関わるみなさまへ、クラウド基盤を活用した運用フロー提案と活用事例をご紹介「フォトロン クラウド制作&管理フロー ウェビナー」を2月5日(金)に開催

フォトロン、コンテンツ制作フローの構築と運用に関わるみなさまへクラウド基盤を活用した運用フロー提案と活用事例をご紹介「フォトロン クラウド制作&管理フロー ウェビナー」を2月5日(金)に開催
CATEGORY
ニュースリリース / イベント・セミナー / 放送・映像機器

2021.01.22

放送/映像関連機器の開発・製造・販売・輸出入を手掛ける、株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 瀧水隆)は、2021年2月5日(金)、コンテンツ制作フローの構築と運用に関わるみなさまへ、クラウド基盤を活用した運用フローの提案と活用事例をご紹介する『フォトロン クラウド制作&管理フロー ウェビナー』を開催します。

映像制作のファイルベース化・ネットワーク化が進むに伴い、複数拠点を往来して制作をおこなう機会が増加しており、HDDやNASなどの物理メディアを使わないクラウド基盤を活用したマスター保管が注目されています。
フォトロンでは、これらの業務に対応した新たなコンテンツ制作&管理フロー向けサービスとして2020年末より「Pharos (ファロス)」の提供を開始し、既に様々な分野のお客様にご活用いただいています。

本ウェビナーでは、クラウド基盤を活用した制作&管理フローをご提案するとともに、ニーズに応えた様々な機能を、「Pharos」導入企業様の活用事例を交えてご紹介します。既に他のクラウドサービスをご導入済みの方にも、さらなる業務効率化やリモートワーク実現に向けた内容をご提案します。

開催概要

日時
2021年2月5日(金)16:00-17:00
参加費
無料(要事前申込)
申込
https://www.photron-digix.jp/info/2021/101539.html
アジェンダ
・ クラウド制作フロー支援サービス「Pharos」のご紹介
・ ストレージとアーカイブ利用の使い分け
・ 大量の動画ファイルをアップロード
・ マスター保管とメタデータの管理
・ ファイル同一性の重要性
・ 運用フローの自動化サービス「Media Automata」との連携

本セミナーは、Webセミナー(ウェビナー)です。インターネットに接続できるPC、もしくはスマートフォン・タブレット端末があれば、どこからでも気軽にご参加いただけます。

クラウド制作フロー支援サービス「Pharos」とは

「Pharos」は、クラウド基盤を活用した映像制作や各種ワークフローと連携したファイル管理が行える制作フロー支援サービスです。
動画ファイル等をクラウド環境にアップロードし、メタデータの登録や検索、ファイル送受信、ファイル変換をはじめとする各種ワークフローを統合管理し、映像制作フローのクラウド活用をサポートします。

クラウド制作フロー支援サービス「Pharos」とは

関連情報

お問い合わせ窓口

株式会社フォトロン 映像システム事業本部

電話
03-3518-6273
FAX
03-3518-6279
メール

ニューストップへ戻る