ニューノーマル時代におけるリモートワーク支援ツール「Photron Remote Access Gateway」販売開始

ニューノーマル時代におけるリモートワーク支援ツール「Photron Remote Access Gateway」販売開始
CATEGORY
ニュースリリース / 製品・サービス / 放送・映像機器

2020.11.25

放送/映像関連機器の開発・製造・販売・輸出入を手掛ける、株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 瀧水隆)は、ハイエンド向けリモートアクセスアプリケーション「Photron Remote Access Gateway」を2020年11月より販売開始いたします。
初年度100クライアントライセンスの販売を目指します。

サービス名 Photron Remote Access Gateway
(フォトロン リモート アクセス ゲートウェイ) 
サービス提供の開始 2020年11月中
価格(税別) 88,000円/月~(5クライアントライセンス含む)

開発背景

ニューノーマル時代では、「三密を避ける」「ソーシャルディスタンス」などに留意しながら事業を継続する必要があり、「テレワーク」や「リモートワーク」がその対応策の一つとなると考えられています。
弊社のお客様の多くは、ハイエンド・アプリケーションを用い映像制作や編集、CGやアニメ制作、CADによる設計や製図などをおこなっており、これらの業務には、会社にあるハイエンドのワークステーション(コンピュータ)を使う必要があります。

会社にあるワークステーションを、自宅等の遠隔地からリモートでアクセスできれば、通勤や出社による密を避けることができます。しかし、ワークステーションにリモートアクセスするリモートデスクトップアプリケーションの多くは、ネットワークやコンピュータの知識がないと使いこなせないものが多く、映像制作やCAD等の本来のクリエイティブ作業に注力できない、システム管理者の負担が大きいなどのマイナス面がありました。

そこで弊社では、クリエイターの皆様がクリエイティブ作業に注力できるよう簡単な操作で、自宅などの遠隔地から会社のワークステーションにリモートアクセスできるアプリケーションを目指し、「Photron Remote Access Gateway」を開発しました。システム管理者は、ユーザーやワークステーションを簡単に管理できる仕組みになっており、導入も容易です。

主な特長

汎用

ノンリニア編集、VFX、2D/3D CG、アニメーション、CADなどの様々なアプリケーションのリモートデスクトップツールとして活用できます。

簡単

Webブラウザのユーザインタフェースから、使用したいワークステーションを選択するだけで簡単にリモートアクセスできます。クリエイターは、本来のクリエイティブ作業に注力できます。

ワークステーション選択画面

安心・安全

リモートアクセスは、ワークステーションの画面およびキーボード/マウスの制御信号のみが遠隔地に伝送されるため、映像音声やCAD設計図などの元データは伝送されません。
また、VPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク)での使用と、暗号化通信により、セキュアなシステムとなっています。

高レスポンス・高品質

社内でローカルにアクセスしている時と遜色ないレスポンス(反応速度)や操作性に加え、画面の文字や線の鮮明さや色再現性などにも優れています。

TBSテレビとの共同開発

エンドユーザの声を取り入れた仕様で開発されています。今後のバージョンアップもエンドユーザからのご要望を元に開発し、進化していきます。

ハイエンド向けリモートアクセスアプリケーション「Photron Remote Access Gateway」のご紹介

関連情報

お問い合わせ窓口

株式会社フォトロン 映像システム事業本部

電話
03-3518-6273
FAX
03-3518-6279
メール

ニューストップへ戻る