ハイスピードカメラ、コンピュータビジョン、データレコーダが融合|ハイスピード監視システム「PhotoCam Detector」新発売

ハイスピードカメラ、コンピュータビジョン、データレコーダが融合|ハイスピード監視システム「PhotoCam Detector」新発売
CATEGORY
ニュースリリース / 製品・サービス / ハイスピードカメラ

2019.11.21

株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 瀧水 隆)は、ハイスピードカメラにコンピュータビジョンを搭載したハイスピード監視システム「PhotoCam Detector」を2019年11月22日より発売いたします。

製品名PhotoCam Detector
発売日2019年11月22日
価格価格はお問い合わせください。

PhotoCam Detectorのシステム構成図

製品化の背景

 近年、製造プロセスや、性能評価試験、各種実験でハイスピードカメラを用いた“ 見える化 ”が広く浸透してきましたが、ユーザーの求める「異常発生の瞬間」や「破壊の瞬間」など、いつ発生するか分からないイベントをスーパースローで撮影するのは難しい状況でした。
 当社ではこのようなニーズに応えるために、当社の持つ“ ハイスピードカメラ ”に新たな要素である“ コンピュータビジョン ”と、映像には映らない電圧や電流、音などを検知するセンサーデータを収集する“ データレコーダ ”を組み合わせることで、いつ起こるか分からないイベントを検知し、発生の瞬間前後をスーパースロー撮影できる、ハイスピード監視システム『 PhotoCam Detector 』を開発いたしました。

PhotoCam Detectorの主な特長

いつ起こるか分からないイベントを検知して自動で撮影

映像、データレコーダ、設備信号などとつながり、いつ起こるか分からない現象を自動で撮影するための機能を備えています。

映像からのイベント検出の原理
イメージセンサーが取得する明るさ情報を用いて、各種演算を行うことで、物体が動いた瞬間や、異常動作した瞬間を映像から検出し、発生の瞬間を撮影することができます。

データレコーダからのイベント検知
データレコーダは、電圧や電流、音や力などを計測するためのセンサの値を閾値としてイベント発生を検出し、発生の瞬間を撮影することができます。オプションの再生ソフトを使えば、映像と波形を同期して再生することができます。

外部機器、設備からのイベント検知
外部信号の入出力機構を有し、各種設備やPLCなどの制御機器が異常を検知した瞬間を起点として、 発生の瞬間を撮影することができます。

 

日本能率協会コンサルティング IOT7つ道具 パートナー認定

関連情報

お問い合わせ窓口

株式会社フォトロン システムソリューション事業本部 FAソリューショングループ

電話
03-3518-6271
FAX
03-3518-6279
メール

ニューストップへ戻る