ロールをまるごと全長全幅検査できる『複屈折マッピング計測装置KAMAKIRI』を西日本最大のフィルム産業展「第7回 関西高機能フィルム展」に出展

ブースイメージ【2号館 No.9-44】
CATEGORY
ニュースリリース / イベント・セミナー / 偏光ハイスピードカメラ

2019.05.16

フィルムの開発から生産、加工での 具体的な導入事例やアプリケーションを紹介

株式会社 フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 瀧水 隆)は、2019年5月22日(水)~24日(金)の3日間、インテックス大阪で開催される「第7回 関西高機能フィルム展」に出展します。

フォトロンブースではインライン/オフライン複屈折マッピング計測装置『KAMAKIRI』シリーズや『フィルム表面温度分布評価システム』を出展し、フィルムの開発から生産、加工での具体的な導入事例やアプリケーションをご紹介します。
また、展示会期間中にサンプル(A4サイズまで)をお持ち込みいただければ、その場で無料の評価を行い、データもお渡しいたします。
《これまでの測定事例》
位相差フィルム、PETフィルム、レンズ、ガラス製品、半導体ウェハ、自動車用透明部品

出展製品

インライン/オフライン複屈折マッピング計測装置『KAMAKIRI』シリーズ

・ロールの全長全幅保証に向けた最新インライン検査機を紹介
・抜き取り検査時間を大幅短縮でき、官能試験を機械化できる卓上型検査機を紹介

『KAMAKIRI』シリーズ

『フィルム表面温度分布評価システム』

・フィルム種に適した光学系による、フィルムだけの表面温度分布評価システムを紹介
・ダイ出口の温度ムラ、チラーロール後のフィルムの温度ムラを可視化、定量化

開催概要

名称
第7回 関西高機能フィルム展
開催期間
2019年5月22日(水)~ 24日(金)10:00~18:00(※最終日は17:00まで)
会場
インテックス大阪(アクセス
主催
リード エグジビション ジャパン株式会社

関連情報

お問い合わせ窓口

株式会社フォトロン システムソリューション事業本部 光学計測部

電話
03-3518-6271
FAX
03-3518-6279
メール

ニューストップへ戻る