スマホ世代に向けた技能伝承のビデオマニュアルを短時間で制作 iPhone/iPad映像制作・編集アプリPhotron-Mobile Video Creatorを東芝機械株式会社に納入

CATEGORY
ニュースリリース / 納品・受注 / 放送・映像機器

2018.06.12

放送/映像関連機器の開発・製造・販売・輸出入を手掛ける、株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 布施信夫)は、スマホ世代に向けた技能伝承のビデオマニュアル制作アプリとして、iPhone/iPad映像制作・編集アプリ「Photron-Mobile Video Creator(フォトロン-モバイルビデオクリエーター)」を、東芝機械株式会社(所在地:静岡県沼津市、代表取締役社長 三上高弘、以下東芝機械)に納入しました。

Photron-Mobile Video Creatorを使ってビデオマニュアルを制作
Photron-Mobile Video Creatorを使ってビデオマニュアルを制作

導入の背景

射出成形機、押出成形機、工作機械、超精密加工機、ガラス成形装置、産業用ロボット、電子制御装置、鋳物などの製造・販売メーカーである東芝機械のモノづくりの最前線を担う材料加工事業部では、ベテラン従業員が一挙に退職して新人に入れ替わり、技能レベルや生産性が上がらない、安全性のリスクが高い等々の問題があり、従来の紙の手順書やOJTによる技能伝承に限界を感じ、時代に合った手法を模索していました。効率的でスムーズな技能伝承を実現する試みとして、家庭用ビデオカメラとホームビデオ編集ソフトで、3分間の「下型突き固め作業」というビデオマニュアルを制作したところ、周囲の評価が高く、現場で活用すべきとの声が高まりましたが、撮影やビデオ編集にかかる負担が大きく、実用化には課題がありました。
そんな時、東京の展示会場でiPhone/iPad 映像制作・編集アプリ「Photron-Mobile Video Creator」に出会い、初心者でも簡単にビデオマニュアルが制作できる直感的な操作性と、iPad 1台だけで撮影と編集が完結する点に魅力を感じ、導入を決定していただきました。

導入の効果

東芝機械では、部署内でディスカッションしながらビデオマニュアルの絵コンテを作り込み、その後、iPadを現場に持ち込んで作業などを撮影。iPadにインストールされた「Photron-Mobile Video Creator」で編集をおこなっています。
PCのビデオ編集ソフトでは3分間のビデオ制作に2日程を要していましたが、「Photron-Mobile Video Creator」導入後4ヵ月の間に、ビデオ制作経験のない担当者2名が、通常業務のかたわら、鋳造に関するビデオマニュアルを15本、加工完了部品検査に関するビデオマニュアルを10本、それぞれ制作しました。
標準書を読む、OJTで教えるといった従来の方法では、聞く側が《言葉が示す動作や物》をイメージできないことがありましたが、ビデオマニュアルのおかげで理解が容易になり、スピーディで質の良い技能伝承が可能になりました。また、事前および事後に作業手順やポイントを映像で確認できるため、効率の良い技能習得ができるようになりました。

Photron-Mobile Video Creator 製品概要

「Photron-Mobile Video Creator」は、iPhone/iPad などのモバイル端末で撮影した映像に、カット編集、テロップ入れ、矢印やナレーションの挿入がおこなえるアプリケーションです。ビデオマニュアルや製品紹介ビデオ、動画レポートなどのコンテンツを簡単に作成し、素早くSNSにアップしたり、社内のファイルサーバにアップすることで、他の作業者と動画を共有できます。

Photron-Mobile Video Creator

東芝機械株式会社について

所在地
(沼津本社)〒410-8510 静岡県沼津市大岡2068-3
代表者
代表取締役社長 三上高弘
創業
1938年12月
資本金
124億8,400万円
事業内容
射出成形機、ダイカストマシン、押出成形機、工作機械、超精密加工機、ガラス成形装置、産業用ロボット、電子制御装置、鋳物などの製造・販売メーカー
URL
http://www.toshiba-machine.co.jp/jp/index.html

関連情報

Photron-Mobile Video Creatorで制作したビデオマニュアル(ダイヤルゲージ校正 手入れ編)

お問い合わせ窓口

株式会社フォトロン 映像システム事業本部

電話
03-3518-6273
FAX
03-3518-6279
メール

ニューストップへ戻る