内部応力/表面温度を高速2次元計測できる偏光高速度カメラ「CRYSTA」などを製造業向けITソリューション展「第29回 設計・製造ソリューション展」に出展

CATEGORY
ニュースリリース / イベント・セミナー / 偏光ハイスピードカメラ

2018.06.07

株式会社 フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 布施信夫)は、2018年6月20日(水)~22日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される「第29回 設計・製造ソリューション展」に出展します。
当展示会においてブースでは、樹脂・金属3Dプリンタに対し、積層材料の応力・温度分布を高速度に計測することができるシステムを展示します。3Dプリンタで製作された製品の強度検討や開発にも応用可能です。

偏光高速度カメラ(左)と高感度赤外線カメラ(右)で同時に撮影した、全く新しい材料特性の計測結果 (東京大学 伊藤・横山研究室ご提供)
偏光高速度カメラ(左)と高感度赤外線カメラ(右)で同時に撮影した、全く新しい材料特性の計測結果(東京大学 伊藤・横山研究室ご提供)

開催概要

名称
第29回 設計・製造ソリューション展(DMS)
会期
2018年6月20日(水)~ 22日(金)10:00~18:00 (最終日17:00まで)
会場
東京ビッグサイト (アクセス:http://www.bigsight.jp/access/transportation/
主催
リード エグジビション ジャパン株式会社
ブース
東3ホール No.19-34【3Dプリンタ/RPゾーン】

樹脂・硝子の内部応力と流動状態を可視化できる高速度カメラ「CRYSTA」

高速度カメラに「偏光」の感度を追加。樹脂や硝子といった透明材料・液体の内部応力、残留応力をリアルタイムで解析できます。

樹脂・硝子の内部応力と流動状態を可視化できる高速度カメラ「CRYSTA」

研究開発・欠陥検査・温度管理に応用可能な高感度赤外線カメラ

樹脂凝固温度や金属溶射温度などを「非接触・高速・二次元」に計測。
従来の放射温度計では測定できない温度ムラを解析可能です。

研究開発・欠陥検査・温度管理に応用可能な高感度赤外線カメラ

関連情報

お問い合わせ窓口

株式会社フォトロン システムソリューション事業本部 光学計測部

電話
03-3518-6271
FAX
03-3518-6279
メール

ニューストップへ戻る