No.98 効率アップ!(2) テンキーのみでラクラク座標入力

CATEGORY
2D CAD

2017.09.07

図面を制作する際、数値入力ボックスへテンキーで座標や寸法を入力して作業されているかと思います。

その際、X、Y(または幅、高さ等)の切替にキーボード上の「,(カンマ)」や「Tab」キーを使うため、右手をテンキーから動かしたり、左手で入力されたりしているのではないでしょうか。

図脳RAPIDならテンキーにある「.(ピリオド)」を使うことで、「,(カンマ)」や「Tab」キーに手を伸ばすことなく素早く切替ができます。

操作手順は以下の通りです。

  1. 数値入力ボックスを開きます。
  2. 座標を指定するためXに数値を入力します。
  3. 「.(ピリオド)」を2回押します。
  4. カーソルがYに移動しました。

なお片方の数値が「0」の場合、入力を省略しても(たとえばX:0,Y:10)、図脳RAPIDなら入力を受け付けますので、慣れればさらなる工数削減へつなげることが可能です。

このように、図脳RAPIDならコマンドやさまざまな操作に関して、キーボードに事前に割り付け設定されています。

それらを活用することで作業効率が大幅にアップしますので、ぜひ活用してみませんか。

CADテクノコラムトップへ戻る

CONTENTS 関連するコンテンツ

PRODUCTS/SERVICE 関連する製品・サービス

製品・サービスの一覧を見る