No.97 効率アップ! 複数の図面ウインドウを同時に操作

CATEGORY
2D CAD

2017.07.25

図面を制作する際、同時に複数の図面ウインドウを開いたり、画面上に並べて作業される方も多いのではないでしょうか。

操作の際、それぞれの図面ウインドウを行ったり来たりして、わずらわしさを感じていませんか。

図脳RAPIDなら、簡単に複数の図面ウインドウを画面上に並べることができるだけでなく、同時に画面操作も行うことができます機能がキーボードに割り付け設定されています。

操作手順は以下の通りです。

  1. 複数の図面データを開きます。
  2. [ウインドウ]メニュー-[整列]をクリックします。
  3. 複数の図面ウィンドウが並べて表示されます。
  4. Alt+カーソルキー(↑←↓→のキー)を同時に押します。
  5. 表示されている複数のウィンドウが同時に、同じ方向にパン(移動)します。

同じ要領で「Alt+PageUp」または「Alt+PageDown」を同時に押すと、複数のウィンドウが同時に、同じ比率で拡大/縮小します。

複数のウィンドウをそれぞれ画面操作をする手間が減るだけでなくせっかく合わせた画面の位置関係を変えずに画面操作もできるようになり、作業効率がアップ。

このように、図脳RAPIDならコマンドやさまざまな操作に関して、キーボードに事前に割り付け設定されています。

それらを活用することで作業効率が大幅にアップしますので、ぜひ活用してみませんか。

CADテクノコラムトップへ戻る

CONTENTS 関連するコンテンツ

PRODUCTS/SERVICE 関連する製品・サービス

製品・サービスの一覧を見る