No.76 数値入力がスピードアップ『ダイナミックガイド』

CATEGORY
2D CAD

2015.04.27

目的の位置の座標値や図形の長さを調べるために、いちいち計測コマンドを選択したり、補助線を作図したりするのが面倒な時はありませんか?図脳RAPIDPRO搭載の新機能「ダイナミックガイド」を使用すれば、作図時に座標や長さなどの数値が自動的にカーソル付近に表示されます。
「ダイナミックガイド」の表示方法と、便利な使用例は下記のとおりです。

<設定方法>

  1. [設定]-[環境設定]コマンドをクリックします。
  2. [ダイナミックガイド]項目の[ダイナミックガイドを表示する]にチェックを付けます。

<使用例|長さ100mm/角度60°の線を作図する場合>

  1. [作図]-[線分]-[線分]コマンドをクリックします。
    コマンドを選択すると、マウスカーソル付近にX/Y座標の入力ガイドが表示され始点を指定できます。
  2. キーボードから「50」と入力します。
  3. [X座標]がハイライトされていることを確認し、キーボードから「50」と入力します。
  4. キーボードの[TAB]キーを押します。
    [TAB]キーを押すことで、X/Yの切り替えができます。
  5. [Y座標]がハイライト表示されていることを確認し、キーボードから「50」と入力後、[Enter]キーを押します。

    これでX=50/Y=50を線分の始点として指示できました。始点入力後は、ガイドが長さ/角度に変わります。

  6. キーボードから「100」(長さ)を入力します。
  7. [TAB]キーを一度押してハイライト表示を角度に切り替えます。キーボードから「60」を入力後、[Enter]キーを押します。

    ※クリックで始点の位置を指示することもできます
    ※相対座標を使用する場合は数値入力前に[+]キーまたは[-]キーを入力するか数値入力後にスペースキーを押して切り替えます。

以上の操作で「長さ100mm/角度 60°の線分」が作図できました。
ガイドが表示されているタイミングで[Ctrl]+[↑]または[↓]キーを押すと入力種別を変更できるものもあります。

<入力種別例>

連続線・・・長さ/角度、長さ、X座標/Y座標
円(中心)・・・半径、円周長、面積、X座標/Y座標

CADテクノコラムトップへ戻る

CONTENTS 関連するコンテンツ

PRODUCTS/SERVICE 関連する製品・サービス

製品・サービスの一覧を見る