No.74 "図面比較"で2枚の図面の違いを発見

CATEGORY
2D CAD

2015.01.29

設計変更を行った際の変更漏れチェック、みなさんは、どのようにしていますか?「変更前図面」と「変更後図面」の2枚の図面を印刷して、目視で変更点を1つずつ確認していく...という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「図脳RAPIDPRO18」には、2枚の図面の相違点を色分けして一発表示する「図面比較機能」が搭載されています。変更箇所が瞬時に一目瞭然となるので、今まで時間がかかっていた検図作業を大幅に削減し、設計変更漏れをチェックできます。操作手順は以下の通りです。

[図面比較の使用方法]

  1. 「設計変更前」と「設計変更後」の図面を開きます。
  2. 比較元となる図面を表示し、[ツール]-[図面比較]コマンドをクリックします。
  3. [図面比較]ダイアログボックスが表示されますので、比較対象となる図面を選択し、[了解]ボタンを押します。2枚の図面の相違点が指定した色でハイライト表示されます。

更に右クリックメニューの[印刷用の比較結果図面を作成する]をクリックすると、「比較結果」と書かれた新しい図面ファイルが作成されます。比較結果に注釈を記入して、別ファイルとして保存したり、印刷も可能なので、設計変更の説明資料としても活用できます。

ここでご紹介した新バージョン「図脳RAPIDPRO18」の強化機能は、お客様からのリクエストがカタチになった一例です。
進化し続ける図脳RAPIDを是非体感してみてください!

CADテクノコラムトップへ戻る

CONTENTS 関連するコンテンツ

PRODUCTS/SERVICE 関連する製品・サービス

製品・サービスの一覧を見る