No.39 ご存じですか? 「連続変換ユーティリティ」

CATEGORY
2D CAD

2012.12.05

「DXF・JWWデータを一括で、図脳CAD形式に変換したい。」
「図脳CADで作成した図面をPDFにして取引先に送りたい。」
このような場合に、図脳RAPIDで一枚ずつデータを開いて希望のデータ形式に変換するのは手間がかかりますよね?そんな時は、図脳RAPID16PROの標準機能を利用すると、手早くできます。

「連続変換ユーティリティ」とは?

AutoCADやJw_cad、DXF、SXF、図脳RAPIDなどのデータを相互に連続変換できる「図脳RAPID PRO」標準搭載のツールです。

  1. Windows[スタート]【ボタン】から[すべてのプログラム]-[図脳RAPID16PRO]-[図脳エクスプローラ]をクリック
  2. 変換形式を設定
  3. 変換したいファイルをドラッグ&ドロップして変換実行

※ 変換できるデータ形式や操作方法については、「図脳エクスプローラ」のヘルプをご参照ください。

離席するタイミング、お昼休みの前になどに[処理開始]!
面倒なデータ変換作業を省いて、すぐにCAD編集に取り掛かれます!

ぜひ「図脳RAPID16PRO」でお試しください!

CADテクノコラムトップへ戻る

CONTENTS 関連するコンテンツ

PRODUCTS/SERVICE 関連する製品・サービス

製品・サービスの一覧を見る