導入事例新発想のモーションキャプチャシステム「6D-MARKER®」が「小型実証衛星1号機」(RAPIS-1)の「軽量太陽電池パドル」(TMSAP)に搭載

RAPIS-1から撮影された宇宙空間の6D-MARKER ©JAXA
CATEGORY
運用事例 / モーションキャプチャ

2018.06.26

RAPIS-1から撮影された宇宙空間の6D-MARKER ©JAXA

新発想のモーションキャプチャシステム「6D-MARKER」が「小型実証衛星1号機」(RAPIS-1)の「軽量太陽電池パドル」(TMSAP)に搭載

株式会社フォトロン(代表取締役社長:瀧水隆、本社:東京都千代田区) 製の6D-MARKER® が、平成31年1月18日に国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(理事長:山川宏、本社:東京都調布市。以下、JAXA)殿より打ち上げられた<革新的衛星技術実証1号機> 「小型実証衛星1号機」(RAPIS-1)の「軽量太陽電池パドル」(TMSAP)に搭載されました。

TMSAPが搭載されたRAPIS-1 ©JAXA
TMSAPが搭載されたRAPIS-1 ©JAXA
イプシロン4号機打上(2019年1月18日) ©JAXA
イプシロン4号機打上(2019年1月18日) ©JAXA
TMSAPパネル展開イメージ ©JAXA
TMSAPパネル展開イメージ ©JAXA
RAPIS-1から撮影された展開後のパネル ©JAXA
RAPIS-1から撮影された展開後のパネル ©JAXA

小型実証衛星1号機 RAPIS-1 軽量太陽電池パドルTMSAPの展開成功

太陽電池パドルの大幅な小型軽量化で宇宙産業の活性化を狙う

小型実証衛星1号機 RAPIS-1 軽量太陽電池パドルTMSAP展開動画

©JAXA

イプシロンロケット4号機シーケンスCG映像

©JAXA

製品紹介

6D-MARKER®

「6D-MARKER®」はカメラ1台と特殊なマーカー1枚から6自由度の位置(X, Y, Z)・姿勢(Roll, Pitch, Yaw)を3次元画像計測できる新発想の簡易モーションキャプチャシステムです。

システム構成がシンプルで省スペースかつカメラが衝撃や振動下でも計測できるため、飛翔体の姿勢解析や、自動車走行中のドライバーの動作解析、エンジンの振動解析など一般的なモーションキャプチャでは困難な環境での3次元画像計測を実現します。

導入事例のモーションキャプチャシリーズのトップへ戻る

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報をお聞きしたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-3518-6271

FASTCAMシリーズ導入事例のご紹介

FASTCAMは各種研究、民間企業の研究開発・生産技術分野と幅広く、多くのお客様にご使用いただいております。ハイスピードカメラ(高速度カメラ)を使用した主な応用事例についてご紹介いたします。

製品サポートのご案内

フォトロンでは、ハイスピードカメラ(高速度カメラ)製品を最良の状態でご使用頂くために、万全なアフターサービス体制を整えております。

「未体験映像の世界」

フォトロンのハイスピードカメラ(高速度カメラ)で実際に撮影した『スローモーション動画』を様々なジャンルにわたりご紹介しております。