図脳RVコンバータ5

図脳RVコンバータ5

紙図面をCADデータに自動変換
トレース業務を変革するラスタ→ベクタ高速変換モジュール

図脳RVコンバータはA3サイズまでのTIFFやBMPといったラスタデータをベクタデータに高速自動変換できるソフトウェアです。
変換前のラスタデータの補正や編集、ラスタ/ベクタ変換の精度を高めるパラメータ設定などを簡単な操作で実現します。既存の紙図面の有効活用で、図面のトレース時間を削減します。
また文字を自動認識する漢字OCR機能も標準搭載。文字データの変換もおこなえます。

特長

ラスタ→ベクタ変換の流れ

A3サイズまでのモノクロのTIFFやBMP、JPEGのデータが入力可能。ラスタデータを基図として読み込んだ図脳RAPIDの図面も読込めます。TWAIN32に対応したスキャナからは直接データの取り込みをおこなうことができます。

※クリックすると画像を拡大します。

図脳RVコンバータ5の主な特長

高精度でハイスピードな変換を実現
高精度なベクタ変換を簡単なパラメータ設定で実現
ラスタのクリーニング・修正で変換制度アップ

高精度でハイスピードな変換を実現

A3サイズまでの地図や等高線図、建築平面図、配線図、機械図面などの図面をスキャナで取り込み、高速にラスタ→ベクタ変換をおこないます。

A3 300dpiのTIFF(右図)を4.48秒で変換可能。

OS:Windows XP、CPU:Pentium4 2.6GHz、メモリ 512MBのPCの場合。
環境により差があります。

new 高精度なベクタ変換を簡単なパラメータ設定で実現

従来のラスタ→ベクタ変換のための数値パラメータは複雑で分りにくいものでしたが、各数値パラメータをスライダで操作できるため、調整が簡単におこなえます。

トレース方式(輪郭トレース、中心トレース)、直線歪みの補正レベルなどラスタデータの種別・利用目的に合わせたパラメータ設定が可能。更に詳細設定で、トレース時のノイズ処理や、かすれ線の認識、スパイクの除去、直線認識などを設定することで、より精度の高い変換がおこなえます。矩形で範囲を指定し、必要な箇所だけ変換することもできます。ラスタデータの分野や、状態に応じたテンプレートも標準添付。

※クリックすると画像を拡大します。

ラスタデータの補正/編集機能

ラスタのクリーニング・修正で変換精度アップ

青焼き図面のノイズや、日焼け・しみなどのゴミもフィルタ機能で一括除去できます。

スキャニング時の歪み補正機能

図面内の基準角度や、ラスタの回転位置の中心を指定して、スキャン時に斜めになってしまった図面を水平に補正することができます。角度だけでなく、紙の伸縮やスキャン時の歪みによるサイズのずれの補正もおこなえます。

new 多角形指定の移動・消去

変換したくない箇所のラスタを移動したり消去したりする際に、従来の矩形指定だけでなく、より自由度の高い多角形による指定が可能です。

表示搭載の“漢字OCR機能”で文字を自動認識・変換

ラスタ上で指定した文字を認識し、CADで使用できる文字に自動変換する“漢字OCR機能”を標準搭載。
変換したい横・縦・斜めの文字列をマウスで指定するか、矩形で囲むだけの簡単操作で変換できます。
また変換結果はダイアログに表示され、修正も簡単におこなえます。

変換後のベクタデータ補正機能

変換したベクタデータを簡易修正。細かく分かれたショートベクトルの一要素化、傾いた要素の水平垂直化などでベクタデータを補正可能。

new 快適な操作環境を実現する"新ユーザーインターフェース"

ウィンドウ上に配置されている複数のツールバーを、1つのツールバーにまとめてタブで切り替えることができる「マルチパレット」を採用。ツールバーが占めていたスペースを削減し、広い作業領域を確保できるようにしました。
またマウスの右クリックで呼び出せるメニューの内容を自由にカスタマイズできる「右クリックカスタム」を搭載。よく使うコマンドを集約しておけばコマンド選択の際にマウスを動かす距離を削減できます。
このほかにもマウス操作でスムーズな画面拡大/縮小をおこなえる「リアルタイムズーム」など様々な機能を搭載し、広い作業領域の確保やマウス移動距離の低減を図ります。

new ラスタの読み込みが"プレビュー確認"でより簡単に!

グレースケールなどのラスタを読み込む際に設定する「しきい値」の入力画面上で、プレビューを確認しながら数値指定をおこなえます。
読み込む前に結果を見ながら「しきい値」を調整できるので、値が高すぎることにより発生するノイズや、低すぎることにより発生するかすれを抑え、変換前のラスタの状態をより最適な状態に保ちます。

「図脳RAPID/RAPID PRO」のプラグインモジュールとして使用可能

図脳RAPID、図脳RAPIDPRO、図脳RAPID PRO Civilがインストールされている環境では、プラグインモジュールとなります。
必要に応じてラスター・ベクター変換を行い、ラスタデータとベクタデータを混在させた図面を作成することができます。

図脳RAPIDPRO Civilでご利用の場合は、変換できるラスタはA3サイズまでに制限されます。

多彩なファイル入出力

読み込めるラスタ形式にJPEGを追加しました。また、変換結果であるベクタの保存形式をAutoCAD2007形式、Jw_cad Ver.6形式、SXF Ver3.0形式など各形式の最新版に対応させました。

ファイル入出力形式

入力ラスタサイズ A3サイズまで
入力ファイル形式 TIFF、BMP、JPEG、CALS、SCI、図脳CAD形式(ZSD、ZFD、ZRD)
出力ファイル形式 DXF、AutoCAD形式(DWG)、Jw_cad形式(JWW、JWC)、SXF形式(SFC、P21)、HPGL、TIFF、BMP、図脳CAD形式(ZSD、ZFD、ZRD)

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報をお聞きしたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-3518-6272

CADオンラインショップ

ご購入はこちらから。お得なキャンペーンも随時開催しています。

サポートサービスのご案内

フォトロンは、お客様のCADライフを快適にする、充実のサポートサービスをご用意しております。

CADテクノコラム

CAD初心者の方やユーザー様へ、ここでは"図脳CAD"の便利な使い方を動画または画面付きで紹介していきます。

CONTENTS 関連するコンテンツ

PRODUCTS/SERVICE 関連する製品・サービス

製品・サービスの一覧を見る