TEMA

2次元から様々な3次元計測までサポートした高機能ソフトウェア
2次元から様々な3次元計測までサポートした高機能ソフトウェア

仕様

主要機能

画像/データ入力

  • BMP,TIFF,PNG,JPEG,AVI,MPEG,MOV,MP4など汎用的な画像フォーマットに対応
  • ハイスピードカメラの画像、一般のCCDカメラの画像に対応
  • 解像度、撮影速度、フレーム数:制限なし
  • ファイルオープン時の画像プレビュー機能
  • テキストデータ(SAAB-ASCII,ISO13499,DIADEM,SDAS,DSP,CSV,Dell-TXT,FAMOS,Mobis1,Mobis2,Mobis3,Scima,Nike,Unipress,AltAir形式)の入力に対応

追跡機能

  • 標準の追跡パターン:7種類(相関、相関+、輝度重心、アドバンス円形、交差点、角、定点)
  • 計測点の最大数:ソフトウェア上無制限
  • 計測点毎に詳細な追跡設定が可能
  • 前画像からの追跡方向を考慮した追跡が可能
  • 追跡範囲を任意エリアに限定する事が可能
  • 計測データの無い部分についてデータの補完処理が可能
  • 追跡モードは3種類(全自動、1フレーム追跡、マニュアル追跡)

スケーリング

  • 任意の2点間の距離をスケーリング設定可能
  • 指定フレームに固定した静的スケーリング、各フレーム毎の動的スケーリングに対応

解析機能

  • 計測点毎に、速度・加速度・座標位置・座標原点からの距離を解析可能
  • 任意の計測点間の、2点距離・距離速度・距離加速度・角度・加速度・各加速度を解析可能
  • 解析データの最大値、最小値を自動計算
  • 計測点の追跡に同期したリアルタイム計算に対応

グラフ・表機能

  • 空間一時間グラフ、空間一空間グラフ、空間と時間を組み合わせた多軸グラフ、表に対応
  • 画像と計測点の軌跡の重ね合わせ
  • 画像同士の重ね合わせ
  • 入力したテキストデータのグラフ表示、表形式表示
  • 入力した画像との同期再生
  • 解析結果へのローパス、平滑化フィルタの適用に対応

データ出力機能

  • 全ての解析結果を表計算ソフトやプレゼンテーションソフトなどのオフィス系アプリケーションにコピー&ペースト可能
  • 解析結果をTIFF,JPEG,AVI,WMV,MP4,QuickTime,MPEG,DPX形式の動画像ファイルに出力可能
  • 表形式のデータをテキストデータ(ISO13499,DIADEM,TSV)やEXCEL,CASDAS,MATLAB形式に出力可能

その他

  • 計測点毎の拡大画像表示が可能
  • フレームレートの異なる画像を自動的に同期させることが可能
  • ホワイトバランス、コントラスト、ガンマなどの画像処理が可能

オプション製品ラインアップ

トラッカーオプション

  • 対称、円形、仮想点など、高精度追跡パターンを追加

6DoFオプション

  • 物体の位置情報[x,y,z]と姿勢情報[Roll.Pitch,Yaw]の6DoF解析機能を追加

3D Liteオプション

  • 複数カメラによる物体の3次元運動解析機能を追加
  • 特別な治具を必要とせず、モノサシ1本でカメラキャリブレーションが可能になる機能を追加
  • その他、3次元スケーリング機能、3次元距離、3次元角度解析機能、3次元グラフ表示機能も追加

3Dオプション

  • 複数カメラによる物体の3次元運動解析機能を追加
  • 3D Liteオプション機能を内包
  • その他、3次元スケーリング機能、3次元距離、3次元角度解析機能、3次元グラフ表示機能も追加

AirBagオプション

  • エアバッグや液滴などの輪郭追跡機能を追加
  • その他、輪郭の周囲長、面積、輪郭の上下左右の最大点の解析機能を追加

AirBag Volumeオプション

  • AirBagオプションに追加する事で、膨張・収縮する物体の体積や3次元形状変化の解析・表示機能を追加

アドバンストビューワオプション

  • TEMAライセンスを持たないPCでもグラフの作成や解析結果動画再生が可能になる機能を追加

フローティングライセンスオプション

  • ネットワーク上でTEMAのライセンスを共有し、複数のPCからTEMAを利用できる機能を追加

ドングルライセンスオプション

  • USBドングルにてライセンスを管理
  • 複数のPCでTEMAを使用することが可能

推奨動作環境

対応OSWindows® 7、Windows® 8.1、※Windows® 10
CPU2.0GHz以上のマルチコアCPU推奨
メインメモリ4GB以上推奨
HDD100GB以上推奨
ディスプレイ解像度1280×1024以上推奨
その他デバイスCD-ROMドライブ

※ Windows10におけるWindows Updateによって、TEMA4.0以前のバージョンでは起動ができなくなっております。
すでにご利用中でサポートにご加入のお客様は、専用サポートページより、対応済のTEMA4.1以降へバージョンアップいただきますようお願いいたします。
過去にご購入いただき、サポート対象外となっているお客様は、大変お手数ですが再度ご加入をご検討いただきますようお願い申し上げます。

サポート体制

TEMA年間サポートパック

  • TEMAをご利用いただく際の基本プランとして用意しているサービスです。期間内の機能追加/バージョンアップについてフォトロンから更新版をお届けします。TEMAシリーズは、年間を通じて常に機能追加/最新環境への対応などの開発を進めており、ご購入いただいたソフトウェアを最新版でご利用いただけるサービスです。また操作上の様々なご質問について、フォトロンの技術スタッフによるサポートサービスを受けることが出来ます。サービスはフリーダイヤル、e-mailで行えますので、いつでも気軽にご不明点を質問いただけます。

設置調整、操作説明

  • フォトロンの技術スタッフによるお客様先への訪問、TEMAのインストール、TEMAのトレーニング、撮影補助など各種作業の実施

受託解析サービス

  • 弊社ではハイスピードカメラで撮影した画像データを解析し数値化する『受託解析サービス』を提供しています。
    「高速度カメラを使って光学計測を行なってみたいが、どのように計測をしたら良いかわからない」
    「高価な機材やソフトをいきなり揃えるのは高額すぎるため、難しい」
    「自分たちだけで撮影や計測を行なっても欲しいデータ、正確なデータがきちんと得られるのかが不安」
    などといった、計測業務のお困りごとを解決できる内容になっております。
    『受託解析サービス』にご興味をいただけましたら、是非弊社にご連絡ください。

TrackEyeシリーズ

TrackEye

  • ミニタリー分野に特化したTEMAの上位バージョンです。複数の固定または動体カメラによる6DOF解析機能をご提供

TEMA Lite

  • TEMAのベーシックな機能を手軽に利用できる、TEMAの簡易版。TEMAへのアップグレードにも対応

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報をお聞きしたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-3518-6271

画像解析ソフトウェア導入までの流れ

フォトロンの画像解析ソフトウェアについて、お問い合わせから納品・運用開始までの流れをご説明いたします。

製品サポートのご案内

フォトロンでは、ハイスピードカメラ(高速度カメラ)製品を最良の状態でご使用頂くために、万全なアフターサービス体制を整えております。

「未体験映像の世界」

フォトロンのハイスピードカメラ(高速度カメラ)で実際に撮影した『スローモーション動画』を様々なジャンルにわたりご紹介しております。

CONTENTS 関連するコンテンツ

PRODUCTS/SERVICE 関連する製品・サービス

製品・サービスの一覧を見る