PDF3D ReportGen

new
3次元データによる情報伝達を3DPDFで実現『PDF3D ReportGen』
3次元データによる情報伝達を3DPDFで実現

活用法

3Dデータを活用するメリット

  • 2Dデータから3Dデータ形式の『3D PDF』『STL』などに置き換えることで情報が正確に伝わり、形状の読み間違えを防止
  • 図面とは別に作成する部品表や作業標準といった補足資料も 3Dデータを活用すればイチから作成する手間や入力ミスを解消
  • 3Dデータを適材適所に使用することで 『情報伝達のスムーズ化』を実現

3Dデータ活用のイメージ

製造部門、検査部門には3D PDF/STL

製造部門や検査部門では図面を書く業務はないためCADは所有しておらず、2D図面を読み間違えてしまうケースも少なくありません。製造部門への作業手順書の作成や、検査部門での検査用図面に3DPDFやSTL形式の3Dデータを活用することで情報が正確に伝わり、形状の読み間違えを防ぐことができます。3Dデータから簡単に2D図面を出力することも可能なため、2D図面が必要になった場合も正確な図面を素早く作成できます。

3DPDFなら誰でも3Dデータを閲覧可能

3D CADから出力された3DPDFではパーツ単位の表示/非表示や断面形状の確認が可能です。その他にも簡易的な寸法計測や注記を視点方向と合わせて追加することも可能。必要な情報を3Dデータで伝え、摺り合わせのための打ち合わせや補足資料作成の工数を削減することができます。
3DPDFはAcrobat Reader DC(無料)で閲覧できるのでコストメリットもあります。

3DPDFで誰でも3Dデータを確認
3DPDFで誰でも3Dデータを確認

『PDF3D ReportGen』についてのお問い合わせ

製品についてのお問い合わせ、お見積りの希望は以下の入力フォームよりご連絡いただけます。


フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。


恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


お問い合わせ

ご質問や詳細な情報をお聞きしたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 050-5211-8270

CONTENTS 関連するコンテンツ