導入事例計測事例|透明樹脂・フィルムの表面温度解析

透明樹脂・フィルムの表面温度解析
CATEGORY
運用事例 / 赤外線ハイスピードカメラ

2020.06.15

【MWIR中赤外線カメラ】透明フィルムの表面温度ムラ解析

透明フィルムの表面温度ムラ解析

一般的なサーモグラフィとして知られる「非冷却マイクロボロメータ」は、温度を非接触で計測する代表的かつ安価な製品といえます。しかし、フィルムのように透明で薄い対象物の温度計測では、周辺機器など外乱温度の影響が大きく、正確な温度ムラを計測することはできません。

一方、高性能製品である「冷却式赤外線カメラ」では、フィルムが光を透過しない波長だけを選択して計測するなど、対象物に合わせた特殊なカスタマイズを行うことが可能です。上記の動画では、PC(ポリカーボネート)、TAC、PETといった材質・厚みの異なるフィルムに対して、加熱された金属柱=ロールから伝わる「フィルム表面の温度ムラ」を可視化した事例を示しています。各フィルムごとに、熱伝導率の特性や接触面積の差が確認できます。

今までは確認することができなかった、生産現場における透明フィルムの「温度ムラ」を検討することで、より最適な生産条件を定量的に検証することが可能になりました。

サンプル動画

導入事例の赤外線ハイスピードカメラシリーズのトップへ戻る

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報をお聞きしたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-3518-6271