ブラックマジックデザイン、ATEM Mini Proシリーズの値下げを発表!

  • Blackmagic Design
ブラックマジックデザイン、ATEM Mini Proシリーズの値下げを発表!

YouTubeやFacebookなどで世界中の視聴者に向けて配信を行う、
独自の配信スタジオをさらに手軽に構築可能!

東京、日本 – 2022年10月6日 (木) – Blackmagic Designはこの日、ATEM Mini Proライブプロダクションスイッチャーの値下げを発表した。ATEM Mini Proの新価格はUS$295、ATEM Mini Pro ISOの新価格はUS$495。

今回の最大$300の値下げは、製造の効率化により実現した。この新価格により、世界各地の視聴者に向けて、真の放送品質で配信を行いたいと考えるユーザーにとって、ライブプロダクションがさらに手の届きやすい存在となった。ATEM Mini Proシリーズは、収録、配信、マルチビューモニタリング機能を搭載しているため、YouTube、Facebook、Twitch TVなどのプラットフォームを介して、世界中に高品質のマルチカム・ライブプロダクションを配信するのに最適なスイッチャーだ。今回の値下げにより、ATEM Mini Proが、ATEM Miniライブプロダクションスイッチャーシリーズにおけるよりパワフルなエントリーモデルとして、ATEM Miniの後継機種となった。

ATEM Mini Proシリーズは、US$295〜でBlackmagic Design販売店にて販売中。

ATEM Miniスイッチャーを使用すると、プロフェッショナルなマルチカム・プロダクションを簡単に作成して、YouTubeのライブ配信や、Zoom、Microsoft Teams、Skypeを使った革新的なプレゼンテーションを簡単に実現できる。ATEM Miniを接続するだけで、4台までの高品質ビデオカメラの入力を、優れた画質でライブ切り替えできる。また、コンピューターに接続してPowerPointスライドを使用したり、ゲーム機を接続することも可能。内蔵DVEを使用するエキサイティングなピクチャー・イン・ピクチャー・エフェクトは、コメンテーターを挿入するのに最適である。他にも多くのビデオエフェクトを使用できる。ATEM Miniはハードウェア配信エンジンを内蔵しており、イーサネット接続を介してライブ配信できる。あるいは、ウェブカムと同様に機能するUSBを介しても配信が可能だ。また、プロジェクターへの送信用にHDMI出力も搭載している。マイク入力は、高品質のデスクトップマイクやピンマイクに対応しており、インタビューやプレゼンテーションに最適。

ブラックマジックデザイン、ATEM Mini Proシリーズの値下げを発表!

ATEM Miniは、コンパクトなオールインワン設計で、コントロールパネルとインターフェースの両方を搭載している。フロントパネルのボタンは使いやすく、ソース、ビデオエフェクト、トランジションを選択できる。ソースボタンはサイズが大きく、触るだけで識別できるため、出演者自身がスイッチング可能。また、オーディオミキシングのボタンも搭載されている。さらに、収録および配信のコントロール用のボタンに加え、出力の選択ボタンも搭載しているため、カメラ、プログラム、マルチビュー間でビデオ出力を切り替えられる。リアパネルには、カメラやコンピューター、ゲーム機に接続するためのHDMIコネクター、予備のマイク入力、ウェブカム出力用のUSB、プログラムビデオ用のHDMIのAux出力を搭載。

ATEM Miniはハードウェア配信エンジンを内蔵しており、コンピューターを使用しなくても、イーサネット接続を介してライブ配信できる。YouTubeやFacebook、Twitchなどに高品質でライブ配信でき、コマ落ちも生じず、設定もシンプルだ。必要な作業は、配信サービスを選択して、ストリーミングキーを入力するだけである。ATEM Software Controlには、配信のセットアップを表示するパレットがあり、マルチビューにも配信ステータスが表示される。配信ステータスは簡単に把握できるデザインで、データレートインジケーターは使用中のビデオフォーマットに必要なインターネット速度を表示する。技術に関して詳しいユーザーは、XML設定ファイルのストリーミングプロファイルをアップデートして、新しいサービスをロードすることも可能。

ロケ撮影でライブプロダクションを行なう場合、ATEM MiniはAppleやAndroidのスマートフォンとUSBポートで接続可能なので、モバイルデータを使用できる。これはメインのイーサネット接続のバックアップにもなる。携帯電話のテザリングは、最新の高速5G、そして一般的な4Gの携帯電話を使用可能。ATEM Miniスイッチャーは、携帯電話とのUSB接続を自動的に検出し、携帯電話のインターネットを使用するよう切り替えるので、設定を変更する必要はない。接続された携帯電話は、USBポートを介してスイッチャーから充電可能。携帯電話のテザリングとモバイルデータを使用できるため、ATEM Miniスイッチャーは、移動型プロダクション・ソリューションとして最適である。

ブラックマジックデザイン、ATEM Mini Proシリーズの値下げを発表!

ATEM Miniは、配信データをUSBフラッシュディスクに直接収録できる。つまり、配信と同じH.264ビデオファイル(AACオーディオ付き)を使用した長時間の収録が可能で、YouTubeやVimeoなど、あらゆるオンラインビデオサイトにすばやく直接アップロードできる。USBハブやBlackmagic MultiDockを使用して、複数のディスクへ収録することも可能。ひとつのディスクが一杯になると次のディスクに収録を継続するため、ノンストップで収録できる。収録設定およびディスクの選択はATEM Software Controlで実行でき、内蔵マルチビューには収録ステータスが表示される。

ATEM Mini Pro ISOおよびExtreme ISOモデルは、全入力のクリーンフィードおよびプログラムフィードを含む、複数のビデオストリームを同時に収録できるため、ライブイベントを編集可能。ライブで使用されたメディアプールのイメージはビデオファイルと共に保存される。ビデオファイルには、同期タイムコードやカメラ番号などのメタデータタグも含まれる。カラーグレーディング、エフェクト、グラフィックを使用して、イベントを再び編集できるのだ。オーディオソースもすべて収録されるため、オーディオをプロが再ミックスできる。

ISOモデルはDaVinci Resolveプロジェクトファイルも収録するため、ワンクリックでライブプロダクションをビデオ編集として開くことが可能。すべてのカット、ディゾルブ、メディアプールのグラフィックもロードされる。このファイルを使用すれば、編集点の微調整や、ショットを完全に置き換えることも可能。DaVinci Resolveの同期ビンでは、マルチビューでショットを簡単に選択できる。さらに、Blackmagic RAWカメラファイルを再リンクすることも可能なため、プロがカラーコレクションを適用したり、Ultra HDでフィニッシングできる。

複数のカメラを用いた大規模なライブプロダクションでは、1台のモニターで全ビデオソースを同時に確認できる機能は非常に便利である。すべてのATEM Miniモデルはプロ仕様のマルチビューを搭載しており、すべてのビデオ入力に加え、プレビューとプログラムを1台のHDMIテレビやモニターで確認できる。各カメラのビューには、オンエア状態が確認できるタリーインジケーターが表示される。また、各ビューのラベルはカスタマイズ可能で、それぞれのオーディオメーターも表示される。マルチビューでは、収録、配信、オーディオミキサーの重要なステータスも確認できる。

ブラックマジックデザイン、ATEM Mini Proシリーズの値下げを発表!

「これらのモデルを発表して以来、ATEM Miniシリーズの製造コストを抑えるために製造工程の向上に尽力してきました。」Blackmagic DesignのCEO、グラント・ペティは語る。「ATEM Mini Proの$200の値下げとATEM Mini Pro ISOの$300の値下げにより、内蔵配信機能やマルチビュー機能を使用して、世界各地の視聴者に向けて、YouTubeやFacebookなどで知識やスキルをシェアしたいと考える方達が、今まで以上に手軽にスイッチャーを入手できるようになりました!」

ATEM Mini Proの機能

  • コントロールパネルをベースにした小型デザイン
  • イーサネット経由のライブ配信
  • 携帯電話をテザリングして、モバイルデータを使用したリモート配信が可能
  • H.264でUSBフラッシュディスクに収録
  • すべてのHDMI入力でフォーマットを自動変換および同期
  • マルチビューで全カメラおよび収録/配信ステータスをモニタリング

ご購入と価格

ATEM Mini Proシリーズは、US$295〜(税抜価格)でBlackmagic Design販売店にて販売中。

記事をシェア

お客様の課題や要件に合わせて
製品とワークフローをご提案します

お問い合わせは
こちらから

専門知識を持った担当者が
お客様の課題や要件をお伺いします

お電話でも
お問い合わせできます

平日9:00~17:00

03-3518-6273