『シン・ウルトラマン』、データマネージメントにDaVinci Resolve Studioを使用

  • Blackmagic Design
『シン・ウルトラマン』、データマネージメントにDaVinci Resolve Studioを使用

©2022「シン・ウルトラマン」
製作委員会 ©円谷プロ

東京、日本 2022年7月27日 – Blackmagic Designはこの日、大ヒット映画『シン・ウルトラマン』のデータマネージメントに編集/グレーディング/VFX/オーディオポストプロダクション・ソフトウェアのDaVinci Resolve Studioが使用されたことを発表した。また、同作の制作にはBlackmagic Pocket Cinema Camera 4KやUltraStudio Mini Monitorなども使用された。

『シン・ウルトラマン』は1966年に放送開始された特撮ドラマ『ウルトラマン』を現在の時代に置き換えた作品で、企画・脚本に自身もウルトラマンシリーズのファンであることを公言する庵野秀明氏。そして、監督は『シン・ゴジラ』など数々の作品を庵野氏とともに製作してきた樋口真嗣氏が担当した。オリジナル作品へのオマージュと言える演出もふんだんにあり、往年の特撮ファンはもちろんのこと、子どもたちも楽しめるエンターティメント作品に仕上がっている。

『シン・ウルトラマン』、データマネージメントにDaVinci Resolve Studioを使用

©2022「シン・ウルトラマン」
製作委員会 ©円谷プロ

『シン・ウルトラマン』では、撮影時のデータ管理、QC・オフライン作成で、DaVinci Resolve Studioが使用された。「DaVinci Resolveは、データ管理のハブとして簡単に確実に使えるツールです。データのコピーではDaVinciのクローンツールを使用しました。コピーした素材は、DaVinciで再生してクオリティチェックをしました。DaVinci Resolveは本来、フィニッシングまでできるアプリケーションです。それを使ってクオリティチェックすることで作業の精度が高くなります。この作品に限らず、モニター出しにはUltraStudio Mini MonitorやUltraStudio 4K Miniを使用しています。」と同作のDITである渡辺卓人氏は話す。

クオリティチェックを経て、オフライン用素材の作成、およびラッシュ素材の作成が行われた。1日の収録データ量は1TB前後で、iPhoneで撮影した比較的データ量の少ない素材も含まれるため、撮影された尺としては4~5時間分になることもあるという。渡辺氏はこう話す。「今回の作品ではメインカメラの他にいろいろなカメラを使って撮影しています。カメラの種類が多いと、メタデータにリール名が入らないカメラなどもあるので、そういったカメラの素材にリール名をつけています。オフライン素材の作成では、画面にタイムコードなどの情報を焼き付けて作りました。DaVinciはデータ焼き付けのカスタム設定が簡単にできるので便利ですね。」

同作の制作会社担当者はこう話す。「この作品は色々なアングルから撮影する必要があったので、さまざまな種類のカメラが撮影に投入されています。Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kも一部の特撮用カットで使用しました。」

『シン・ウルトラマン』、データマネージメントにDaVinci Resolve Studioを使用

©2022「シン・ウルトラマン」
製作委員会 ©円谷プロ

「今回の作品は2019年に撮影を開始してから、追加撮影が多く定期的にありました。DaVinci Resolve はバージョンアップをしてもプロジェクトの引き継ぎが簡単にできるので安心して作業できました。」と渡辺氏。

また、『シン・ウルトラマン』の宣伝用動画の一環として、円谷プロダクションの動画プラットフォーム、『TSUBURAYA IMAGINATION』 (https://imagination.m-78.jp/) で限定公開されている『シン・ウルトラファイト』では渡辺氏がDaVinci Resolve 18でフィニッシングまで行ったという。

「これは、フルCGのショートムービーでデータマネージメントではなく、オンライン編集として色を調整したり、ResolveFXのエフェクトを使って加工したりして完パケまで仕上げました。CGに強めのエフェクトをかけたので、アーチファクトが出てしまう時がありましたが、ビューティやデバンド機能などを使って馴染ませることができました。新しくなったマジックマスクは、禍威獣や外星人でもばっちりトラッキングできます(笑)。DaVinci Resolveは複合的な作業が1つのアプリケーションでできるので作業時間の短縮につながりました」と渡辺氏。「DaVinci Resolveを使用することで、監督の求めることに対して即座に対応することができました。そうすることで監督の判断も早くなり、効率的に作業を進めることができました」と制作会社担当者は語った。

『シン・ウルトラマン』、データマネージメントにDaVinci Resolve Studioを使用

©2022「シン・ウルトラマン」
製作委員会 ©円谷プロ

記事をシェア

お客様の課題や要件に合わせて
製品とワークフローをご提案します

お問い合わせは
こちらから

専門知識を持った担当者が
お客様の課題や要件をお伺いします

お電話でも
お問い合わせできます

平日9:00~17:00

03-3518-6273