Streambox社、DaVinci Resolve Studioを使用して、Blackmagic Designのキャプチャー・再生デバイスのエンコードおよびデコードをサポート

  • Blackmagic Design
Streambox社、DaVinci Resolve Studioを使用して、Blackmagic Designのキャプチャー・再生デバイスのエンコードおよびデコードをサポート

カリフォルニア州フレモント 2022年6月15日 – Blackmagic Designはこの日、Streambox社が、配信/エンコード/デコードソリューションであるSpectraおよびIrisを統合し、Blackmagic DesignのUltraStudioおよびDeckLinkキャプチャー・再生デバイスと使用できるようにしたことを発表した。このソフトウェアは、編集、カラーグレーディング、視覚効果(VFX)、オーディオポストプロダクションソフトウェアであるDaVinci Resolve Studioと使用可能。ポストプロダクションクラウド対応のワークフローを構築することで、どこで作業していても、プロたちがローカルモニタリングと同様の高品質の映像を確認できる。

Streambox社の製品は、4K 12-bitまでのライブビデオを公衆/私設ネットワークで、比類のない品質と信頼性で配信・表示し、作業への貢献からリモートコラボレーションワークフローまで、あらゆることを可能にする。Streambox社は、高品質ビデオ/オーディオの配信に関する技術開発のパイオニアであり、プロのメディア業界に向けたリモートワークフロー・ソリューションを牽引している。

同社のSpectraおよびIrisシリーズは、どちらも業界標準のAPIを使用して、DaVinci Resolve Studioと統合されたことで、UltraStudioおよびDeckLinkの全モデルと使用可能となった。

「Blackmagicのあらゆるキャプチャー・再生デバイスと使用できるようになったことで、ユーザーたちはエンド・トゥ・エンドのStreamboxソフトウェアワークフローを享受できます。これは、DaVinci Resolveや、オンプレミスやクラウドのその他のプロ向けの製品と使用可能で、同じ高品質映像を見ていることを分かった上で作業できます。」StreamboxのCEO、ボブ・ヒルデマン(Bob Hildeman)氏は語る。

Streambox社、DaVinci Resolve Studioを使用して、Blackmagic Designのキャプチャー・再生デバイスのエンコードおよびデコードをサポート

Spectra社は、クラウドベースのアプリケーションを使用した高性能の配信メディアエンコーディングを顧客に提供しており、完全な精度の高品質なメディアを、低遅延で確認することを可能にしている。また同社は、世界中どこでも、DaVinci Resolve Studioを使用して、リモートのコラボレーターたちに高品質かつ低遅延の配信を提供。

リモートのクライアント側では、Streambox社のIrisにより、ユーザーはBlackmagic UltraStudioデバイスによりサポートされたソフトウェアデコーダーを構築し、高品質の出力用にあらゆるプロ使用のSDI/HDMIモニターを接続できる。

DaVinci Resolve Studioや、最近発表されたBlackmagic Cloudの利用が増えたことで、高品質のイメージをクラウド上のStreamboxワークフローで簡単にエンコードおよびデコードする需要が高まっているという。

「カラーリストのコミュニティでは、オンプレミスで得た結果を、クラウドを利用してバーチャルに再現する方法を見つけることに大きな関心が寄せられています。UltraStudioやDeckLink SDKは、Blackmagicの世界トップクラスのハードウェアと、弊社のユニークなソフトウェアソリューションの統合を可能にし、最適なソリューションを提供してくれます。」ヒルデマン氏は最後こう結んだ。

Streambox社、DaVinci Resolve Studioを使用して、Blackmagic Designのキャプチャー・再生デバイスのエンコードおよびデコードをサポート
記事をシェア

お客様の課題や要件に合わせて
製品とワークフローをご提案します

お問い合わせは
こちらから

専門知識を持った担当者が
お客様の課題や要件をお伺いします

お電話でも
お問い合わせできます

平日9:00~17:00

03-3518-6273