Haivision、Aviwestビデオ投稿ソリューションにSRTプロトコルのサポートを導入

  • Haivision

放送局のお客様には、SRTをサポートするAviwest社のモバイル・ビデオ・トランスミッターをHaivision製品群の一部として提供し、ライブ放送への貢献のための柔軟性を高めました。

カナダ、モントリオール – 2022年6月14日 – ミッションクリティカルなリアルタイムビデオストリーミングおよびネットワーキングソリューションの世界的リーディングプロバイダーであるHaivision Systems Inc.(TSX: HAI)は本日、Aviwest IP映像配信ソリューションにSRTビデオストリーミングサポートを導入し、放送局がプレミアムライブイベント、ニュース、スポーツの報道向けにリアルタイムコンテンツを配信できるオプションをこれまで以上に充実させたことを発表します。

2022年4月、この買収により、Haivisionの映像貢献ソリューションのポートフォリオは、5G伝送、モバイル映像貢献、ネットワークボンディング技術に拡大されました。Aviwest PRO、AIR、RACKシリーズにSRTサポートを導入することで、Haivisionの全製品ポートフォリオや他のSRT対応ソリューションとの相互運用性が可能になりました。これにより、Aviwestのデバイスは、マルチカメラのリモートプロダクション、クラウドへの投稿と配信、共同分散ワークフローなど、さまざまな放送制作シナリオで他のHaivision放送技術とともに使用することができます。

HaivisionのCEO兼社長であるMirko Wicha氏はこう話します。『Aviwestの買収からわずか2カ月で、ライブ放送の未来を支えるエンドツーエンドの技術ソリューションを提供するという当社のビジョンを実行する上で、すでに大きな前進を遂げました。私たちは、両社の技術が融合することを楽しみにしており、両社のソリューションの総合力がお客様の成功に貢献することを確信しています。』

SRT(Secure Reliable Transport)は、Emmy®賞を受賞したオープンソースのビデオトランスポートプロトコルで、予測不可能なネットワークでのリアルタイムストリーミングを最適化するためにHaivisionが独自に開発したものです。メディアおよびエンターテインメント業界で広く採用されているSRTは、テレビ放送局に対し、インターネット上での低遅延ビデオ投稿のための安全で信頼性の高いソリューションを提供します。SRTは、低遅延パケットロス回復とエンドツーエンドのセキュリティのためのAES 128/256ビット暗号化を備えています。

固定IPネットワーク上でのストリーミングにSRTプロトコルを追加することで、高品質のライブ映像のセルラー伝送用に設計され、Emmy®賞を2回受賞したAviwest Safe Stream Transport(SST)テクノロジーと合わせて、ライブ放送制作機器やモバイルと有線の映像配信を組み合わせたリモート制作ワークフローでの相互運用性が劇的に改善されました。

Haivisionのエンジニアリング・リモート&ワイヤレスシステム担当副社長、Ronan Poullaouec氏は次のように述べています。『当社のSST技術を補完するSRT出力の導入により、あらゆるネットワーク、幅広い受信機、ゲートウェイ、クラウドワークフローにおいて、信頼性と遅延の少ない最高の映像伝送を実現し、可能性の範囲をさらに広げています。』

詳細については、https://www.aviwest.com/products/をご覧ください。

記事をシェア

お客様の課題や要件に合わせて
製品とワークフローをご提案します

お問い合わせは
こちらから

専門知識を持った担当者が
お客様の課題や要件をお伺いします

お電話でも
お問い合わせできます

平日9:00~17:00

03-3518-6273