Google CloudがSRTアライアンスに参加

  • Haivision
Google CloudがSRTアライアンスに参加

オープンソース・プロトコル「SRT」の普及に向けた歴史的な出来事

カナダ・モントリオール – 2021年9月9日 – ミッションクリティカルなリアルタイムビデオストリーミングとネットワーキングソリューションの世界的リーディングプロバイダーであるHaivision(TSX: HAI)は、本日、Google Cloudが、オープンソースのビデオストリーミングプロトコルであるSRT(Secure Reliable Transport)の採用をサポートする500以上の製品、サービス、ソリューションプロバイダーが参加する共同コミュニティであるSRTアライアンスに参加したことを発表しました。

今回の発表は、SRTのオープンソース・コミュニティとメディア・エンターテイメント業界にとって重要なマイルストーンとなります。Google CloudでSRTをサポートすることにより、メディア企業は、グローバルなコラボレーション、制作、配信のために、安全で信頼性の高いビデオストリームをGoogleのネイティブクラウドサービスに提供できるようになります。

SRTは、Haivision社が開発したもので、公共のインターネット上で高品質で安全な低遅延の動画を配信することができます。2017年、Haivision社は、SRTプロトコルとそれを支える技術スタックをオープンソース化し、その採用を支援するためにSRTアライアンスを設立しました。それ以降、多くの主要なストリーミングサービス、クラウドプラットフォーム、放送ソリューションプロバイダーがSRTをサポートし、採用しています。

「Google Cloudは、世界中のメディア企業の視聴者体験の変革を支援するために尽力しています」と、Google CloudのMedia & Entertainment Industry SolutionsのマネージングディレクターであるAnil Jain氏はこう述べています。『私たちは、HaivisionやSRTアライアンスのようなパートナーとともに革新を行い、SRTプロトコルのような新技術の採用を促進することで、このコミットメントを実現しています。 メディア・エンターテインメント業界向けソリューションのポートフォリオは継続的に拡大しています。』

『Google CloudがSRTアライアンスに参加し、SRTをサポートすることは、我々のオープンソース・イニシアチブにとって重要なマイルストーンであり、今やすべての主要クラウドプラットフォームがこの規格を支持しています。』『Haivision社のSRT開発者チームは、オープンソースコミュニティや標準化団体の中でも最も先進的な組織のエンジニアと協力して、技術スタックを改善し、その応用分野を拡大しています。Google Cloudと一緒に、ミッションクリティカルな低遅延動画ストリーミングの課題を克服するための取り組みを進められることを嬉しく思います。』

記事をシェア

お客様の課題や要件に合わせて
製品とワークフローをご提案します

お問い合わせは
こちらから

専門知識を持った担当者が
お客様の課題や要件をお伺いします

お電話でも
お問い合わせできます

平日9:00~17:00

03-3518-6273