29.2021 PRONEWS LSM-VIA 1.3

  • EVS
29.2021 PRONEWS LSM-VIA 1.3

新機能

ショートカット機能

完全に刷新された「ショートカット」のユーザーインターフェースでは、カテゴリー別に分類された多くの機能にアクセスできます。VIA Xsquareのターゲットをショートカットボタンに直接マッピングしたり、「PLに追加」マクロを使ってクリップをローカルのプレイリストに追加したりすることができます。
また、「Clear Shortcuts」ボタンを使って、1つまたはすべてのボタンに割り当てられたショートカットを一度に消去することもできます。
改良されたショートカットの詳細については、こちらの説明ビデオをご覧ください。

Flatten Playlist

VIA Xsquareの統合は、プレイリストをクリップへ一本化することができます。ボタン一つで、アクティブなプレイリストをローカルのXT-VIAサーバ上のEVSオペレーターが指定した(クリップの)宛先に一本化します。追加の設定は必要ありません。
プレイリストの一本化機能については、こちらの説明ビデオをご覧ください。

オペレーションの改善

これらのメジャーアップデートに加え、LSM-VIA 1.3では、オペレーターのコミュニティから寄せられた貴重なフィードバックにより、いくつかの操作性の改善が行われています。

アーカイブ用フラグ

アーカイブ用フラグ

LSM-VIA ViewerのVIA Searchコンポーネントは、”flag for archive” ワークフロー(Alt+Zショートカット)をサポートするようになりました。メタデータ「アーカイブの状態」を使ってVIA検索パネルでフィルタリングし、アーカイブのワークフローの概要を維持することができます。

プレイリストを有効にする

プレイリストを有効にする

リモートパネルやLSM-VIA Viewerからプレイリストを呼び出すと、プレイリストはアクティブになりますが、キューはなくなります。
ショットボックス機能のみがプレイリストのキューとなります。

XTRAMOTION

LSM-VIA – XTRAMOTIONインテグレーション

EVS社は最近、XtraMotionを発表しました。XtraMotionはクラウドベースの新しいサービスで、制作チームがあらゆるライブ映像、ポストやアーカイブされたコンテンツをスーパースローモーションのリプレイに変換することができます。

XtraMotionは、高度なAIと長年のリプレイの経験を組み合わせることで、あらゆる種類のカメラからスーパースローモーション映像を作成することができます。

LSM-VIA 1.3でリリースされたショートカットボタンの改良により、XtraMotionのターゲットをショートカットボタンに直接追加して、ゲームを変えるようなリプレイを簡単に作成できるようになりました。

XtraMotionの詳細については、こちらの説明ビデオをご覧ください。

記事をシェア

お客様の課題や要件に合わせて
製品とワークフローをご提案します

お問い合わせは
こちらから

専門知識を持った担当者が
お客様の課題や要件をお伺いします

お電話でも
お問い合わせできます

平日9:00~17:00

03-3518-6273