Rohde & Schwarzが「VENICE」にシームレスなUltra HDの利便性を実現

  • ROHDE&SCHWARZ
Rohde & Schwarzが「VENICE」にシームレスなUltra HDの利便性を実現

メディアサーバプラットフォームが2SIに完全対応

メディアサーバプラットフォームが2SIに完全対応

放送メディア技術のグローバルリーダーであるローデ・シュワルツは、ライブスタジオ制作用のR&S®VENICEプラットフォームの機能を拡張しました。特に、12Gまたは2SIフォーマットを使用した4k Ultra HD信号をサポートするようになりました。

「VENICE」は、複雑な信号処理やストレージの要件を管理するために設計された、高性能かつ高耐障害性のメディアプラットフォームです(特にライブスタジオ制作アプリケーション)。プロセッサーのネットワーク、R&Sのストレージ、サードパーティ製のストレージサブシステムのいずれに対しても、スケジュールされたレコーディング、クリップ変換、プレイアウトなどの処理を中断することなく提供し、SDI環境とIP環境の架け橋となります。VENICEサーバーは、複数のHDおよびUltra HD信号に対応し、単一のユーザー・インターフェースから単一のリソースとして動作させることができます。

Ultra HD信号の広帯域化には、従来の3G環境を超える特別な処理が必要です。現在のUltra HDインフラは、技術的な制限がある超広帯域の単一接続である12Gか、従来のSDIケーブル4本に信号をピクセルごとに分散させる2SIのいずれかを中心に構築されている。2SIは、1つのチャンネルが失われても、解像度が低下するだけで、画像の全部または一部が完全に失われるわけではないので、ある程度の回復力があります。

ローデ・シュワルツのVENICEメディア・プラットフォームは、12Gと2SIの両方をサポートし、あらゆる環境に快適に適合できるようになりました。VENICEの各プロセッサはソフトウェアで定義されているため、チャンネルはUltra HD信号とHD信号を簡単に切り替えることができます。VENICEは、単一の管理ユーザー・インターフェースからネットワーク全体のリソースを共有することで、リソースを最大限に効率化して利用することができます。

VENICEアーキテクチャーの最大の特長は、使用可能なハードウェアを効率的に利用してパフォーマンスを実現できることです。VENICEでは、Transform Channel Assignment(トランスフォームチャンネルアサイン)と呼ばれる方法でリソースを共有し、利用可能なリソースを最大限に活用しながら、ソースの録画、視聴、トリミング、マージ、編集などの処理を同時に行うことができます。VENICEはRecord Schedulerを使用して、現在のアクセス要求に対応しながら、計画された録画のために十分なチャンネルを確保することができます。

『VENICEでは、プレイアウトのようなミッションクリティカルな放送アプリケーションで卓越したプラットフォームを提供することを目指しました。』 ローデ・シュワルツのメディア・テクノロジー担当副社長のAndreas Loges 氏は、『その中心となるのは、ユーザーが要求するワークフローに柔軟に対応し、必要に応じてUltra HD信号を処理するためのシームレスな機会を提供することです。』とコメントしています。

Transform Channel AssignmentとRecord Schedulerは、すべてのVENICEですでに利用可能です。12Gと2SIのサポートは、現在注文可能です。

記事をシェア

お客様の課題や要件に合わせて
製品とワークフローをご提案します

お問い合わせは
こちらから

専門知識を持った担当者が
お客様の課題や要件をお伺いします

お電話でも
お問い合わせできます

平日9:00~17:00

03-3518-6273