第29回日本国際工作機械見本市「JIMTOF2018」に 応力ひずみ、欠陥異物、温度をカメラで検知できる最新鋭の光学計測システムを出展

CATEGORY
ニュースリリース / 偏光ハイスピードカメラ

2018.10.25

株式会社 フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 布施信夫)は、2018年11月1日(木)~6日(火)の6日間、東京ビッグサイトで開催される「JIMTOF2018[第29回日本国際工作機械見本市]」に出展します。

ブース 出展イメージ【東7ホール E7090】
ブース 出展イメージ【東7ホール E7090】

出展概要

フォトロンブースでは、光学計測部で扱う製品を組み合せた「切削加工時の応力分布可視化」や、「溶接における溶融池温度の可視化」「加工時の切削点温度評価」など、日本のものづくりを強力に支援する計測技術をご紹介します。

出展製品

樹脂・硝子の内部応力と流動状態を可視化できる高速度カメラ

高速度カメラに「偏光」の感度を追加。樹脂や硝子といった透明材料・液体の内部応力、残留応力をリアルタイムで解析できます。

CRYSTA

研究開発、欠陥検査、温度管理に応用可能な高感度赤外線カメラ

樹脂凝固温度や金属溶射温度などを「非接触・高速・二次元」に計測。従来の放射温度計では測定できない温度ムラを解析可能です。

赤外線カメラ

インライン/オフライン複屈折マッピング計測装置

光学フィルム抜き取り検査時間を従来比1000倍短縮で高速化を実現。また、完成フィルム面内の複屈折分布の出荷管理をデータ化できます。生産中の時間的な複屈折変化を測定し、生産条件の問題を多視点から解析可能です。

KAMAKIRI

開催概要

名称
JIMTOF2018 [第29回日本国際工作機械見本市]
開催期間
2018年11月1日(木)~6日(火)9:00~17:00
会場
東京ビッグサイト(アクセス
主催
一般社団法人 日本工作機械工業会 / 株式会社 東京ビッグサイト

関連情報

お問い合わせ窓口

株式会社フォトロン システムソリューション事業本部 光学計測部

電話
03-3518-6271
FAX
03-3518-6279
メール

ニューストップへ戻る