講義収録/動画コンテンツ作成システム

Cbox

【 収録システム 】
複数映像を合成して、
異なるフォーマットの動画コンテンツを同時作成


「Cbox」は、複数の映像や音声などのソースを簡単に合成し、視聴端末にあわせた形式で同時に複数出力できる、高機能な収録システムです。講義収録、動画教材の制作、遠隔ライブ収録・配信など、用途に応じて最適なシステムをお選びいただけます。

Cbox Pシリーズ

モニター一体型タイプ(Pシリーズ)

Cbox Sシリーズ

Cbox Lシリーズ


小型軽量タイプ(S/Lシリーズ)


多彩なファイルフォーマットで収録、幅広い視聴端末に対応

「H.264」「AVI」「WMV」など、多彩なファイルフォーマットで収録できるマルチエンコード機能を搭載しています。
収録完了と同時に、PCやiPhone・iPad・Androidなど、視聴端末にあわせた複数の動画コンテンツを作成でき、保管・編集用の高画質コンテンツ、配信用の低容量コンテンツなど、用途によって収録形式を選択できます。

講義収録システム Cbox

自由度の高い合成レイアウト/音声ミキシング機能

複数の映像や音声などのソースを、簡単に合成/ミキシングして収録できます。ファイルごとに収録形式、合成レイアウト、ビットレートを自由に設定できます。

合成レイアウトは、それぞれの出力設定ウィンドウに、ドラッグ&ドロップするだけの簡単操作で変更でき、保存しておくこともできるので、収録前の設定時間を短縮できます。

講義収録システム Cbox

Cbox 操作画面


さまざまな映像信号を1台で収録

HD-SDIやアナログビデオ、アナログRGB/DVI-I端子で入力でき、PCの資料や黒板の板書など、あらゆる映像信号を高品質で収録できます。

ブラウザ再生時の映像の位置/サイズを自由に変更

HTML5/Silverlight形式のコンテンツは、再生時に映像の位置とサイズを自由に変更できます。
スライド映像(PC映像)を拡大して視聴したい、PC映像と講師映像の位置を入れ替えたい、といった視聴者のさまざまなニーズに対応できる動画コンテンツを作成できます。また、サムネイルやチャプターが自動的に作成されるため、見たいシーンからの頭出し再生も簡単におこなえます。

講義収録システム Cbox

ボタン操作のみの簡単操作で高画質収録

収録システム「Cbox」の電源をONにして録画ボタンを押すだけで、すぐに収録を開始でき、ストップボタンを押すと同時に動画コンテンツができあがります。入力映像・合成編集・合成レイアウトをGUI上で一度に確認できる分かりやすいGUIで、スムーズに収録をおこなえます。

講義収録システム Cbox

「Power Contents Server」との連携で、収録/ライブ配信にかかる時間を短縮

動画コンテンツ管理配信システム「Power Contents Server」と組み合わせれば、あらかじめ登録したスケジュールでの自動収録や、収録した動画コンテンツを指定した時刻に自動アップロードがおこなえます。また、視聴ユーザ制限や視聴履歴の取得も可能になります。講師・管理者・運用スタッフの負担を軽減し、収録時の手間を大幅に削減できます。

関連事例

遠隔配信で距離の離れた大学間連携のさまざまな課題を解決。「Cbox」38台の導入で、教育効果の高い動画を中心とした教材の拡充を実現。

筑波大学 様

高画質な映像を収録から配信まで自動で実行できるシステムを構築し、手間なく遠隔地にオンデマンド配信を実現...続きを読む

筑波大学様 導入事例

「Cbox」の導入によりオンデマンド授業で使用する動画教材のテープレス化と管理コスト削減を実現。

河合塾マナビス 様

リアルタイムに複数フォーマットで映像コンテンツを作成できるため、コンテンツ管理が楽になり、コスト削減にも...続きを読む

河合塾マナビス 導入事例

ページ上に戻る


  • 事例紹介
  • サンプルコンテンツ(動画)
  • ご販売代理店様専用ページ