リアルタイム画像処理

リアルタイム画像処理とは、カメラ信号をキャプチャボードを使用してPC上のメインメモリに取り込み、即座に処理を行い、同じ作業を連続して絶え間なく処理する事です。
弊社のキャプチャボードはDMA(Direct Memory Access)転送で、システムのCPUを介すことなく、高速に直接メインメモリに記録できます。画像の取り込みの間隔と画像処理の作業量が成立する範囲で行う事により、リアルタイム画像処理となります。
IDP-Express R2000では、512x512ピクセルの画像を2chで秒2000枚(合計4,000枚)のDMA転送が可能であり、高速ビジョンシステムを構築することが可能です。
IDP-Expressの高速画像処理の事例について紹介いたします。

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報をお聞きしたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-3518-6271

リアルタイム画像処理について

リアルタイム画像処理の仕組みや活用分野をご紹介いたします。

リアルタイム画像処理(IDP-Express)の導入事例ご紹介

リアルタイム画像処理の導入事例について、サンプル動画を用いてご紹介いたします。

製品サポートのご案内

フォトロンでは、ハイスピードカメラ(高速度カメラ)製品を最良の状態でご使用頂くために、万全なアフターサービス体制を整えております。

「未体験映像の世界」

フォトロンのハイスピードカメラ(高速度カメラ)で実際に撮影した『スローモーション動画』を様々なジャンルにわたりご紹介しております。