画像外観検査装置|AZVision

new
画像外観検査装置|AZVision

“囲って、置いて、押す”
新しいカタチの画像外観検査装置

AZVisionは、高画素カメラと『メッシュマッチング』ソフトウェアにより目視検査をデジタル支援する新しいカタチの画像外観検査装置です。

特長

自分たちでつくるデジタル目視検査

検査設定はメッシュをかけてマウスで指示するだけ。

AZVisionの検査設定は 基準画像を1枚登録して検査したい箇所をマウスで指定するシンプルな設計です。検査はボタンを押すと瞬時に『高画素カメラによる撮影』『画像アライメント補正』『メッシュマッチングによる外観検査判定』『検査データの記録』の検査フローが完了します。カメラの位置調整(キャリブレーション)や、複雑なプログラミングも不要なのでユーザーがつくりたい “デジタル目視検査” を構築できます。

形・色の違いを判定

有無・形・色の違いを判定します。

AZVisionは “形”、“色” を判別する画像外観検査装置です。4つのパラメータを使う事でネジやコンデンサー等 部品の有無、成型品の汚れ、バリ、欠け、カラーコード付コネクタの逆挿しなど、 1回の撮影で複数個所を同時に検査する事が出来ます。検査時間は数秒です。

検査時間は検査箇所(メッシュ数)により増減します。

検査ログ・QR/ バーコード記録

トレーサビリティ対策に有効です。

AZVisionは OK/NG判定と、“検査ログ(日付/時刻/SHOT/判定結果/検査時間)”“検査結果画像”を関連付けて保存します。NG判定された画像はNG箇所が赤枠で明示されます。
QR/バーコードが貼付されていれば、検査判定と併せて同時に読取り記録しますので、シリアル番号と紐づけるなど、トレーサビリティ対策にも有効です。

作業の進捗・分析

作業進捗・作業時間が判ります。

Azvisionでは検査作業はボタンを押すだけの簡単操作。判定結果は瞬時に画面表示と音で作業者へ知らせます。
デイスプレイに作業標準書等の作業指示を表示をする事も可能です。
検査中は作業数をカウントし作業時間のインターバル計測もできますので、進捗状況の把握や作業分析にも活用できます。尚、パスワードロックによる作業者用モードを用意していますので不意な設定変更を管理できます。

複数同時検査

違う方向の検査を同時に処理できます。

AZVisionでは1つの検査対象に複数のショット/カメラを割り当てられますので
・検査用カメラ1台でワークを置きなおして違う方向からそれぞれ検査する。
・検査用カメラ2台で違う方向から同時に検査する。
といった使い方が出来ます。
またID管理機能によって、複数のAZVision(システム)の検査結果をIDごとに振り分け、1か所のフォルダにまとめて保存する事も出来ます。

増設用カメラは別売りです。

カタログダウンロード

AZVision

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報をお聞きしたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-3518-6271

製品サポートのご案内

フォトロンでは、製品を最良の状態でご使用頂くために、万全なアフターサービス体制を整えております。