AZVision G series

画像外観検査装置|AZVision G series

一括撮像方式 基板外観検査システム

AZVision G seriesは、高画素カメラ / 一括撮像方式による基板検査用の外観検査装置です。

特長

1,800万画素 高画素カメラ

AZVision の1800万画素高画素カメラ(シングル/ダブル)が人の目に代わり基板の隅々まで検査。僅かな違いも見逃しません。
ガイドレールに基板を置くだけのカメラ固定式のシンプルな構造です。

基板サイズ:~Mサイズ 検出目安:1mm×0.5mm 

 

 

検査箇所をダイレクトに設定

パーツ基準の設定では、基板形状や実装部品の配置により照明条件が変化し虚報頻発の要因となり再設定の工数に頭を悩ませることがあります。
AZVisionの検査設定はパーツライブラリーを使わず、基板上の検査箇所をマウスで直接指示する“メッシュマッチング”方式。
エンジニアや現場担当者が検査設定を短時間で行えるよう工夫がなされています。

 

実装面・はんだ面を検査

AZVisionは「部品の有無」「ズレ」「色違い」を検出できます。
フロー前の外観検査や、フロー後のはんだ面検査、組立品のチェックにご利用いただけます。
深い被写界深度で、背の高いコンデンサ上面と基板面の同時検査など電源系基板の検査にもご利用いただけます。

カメラを複数台接続し表裏同時検査も可能です(別注)

欠品
ズレ
取付向き・場所違い
 
ショート
未はんだ(赤目)

防湿コートを検査

車載用の基板など、防湿コート剤の塗布検査にも対応。
AZVisionでは白色LED照明による外観検査にプラスしてUV照明によるコーティング検査も行えるモデルをご用意しています。

model GV

 

 

検査履歴・2次元コード読取り

AZVisionは 判定と併せて、“検査ログ(日付/時刻/SHOT/判定結果/検査時間)”と“検査結果画像”を関連付けて保存できます。
また、検査カメラで一次元・二次元コード読取にも対応していますのでトレーサビリティ対策にも有効です。

 

作業操作

基板をセットしボタンを押すと指定された箇所を瞬時に検査。
NG判定の場合はブザー音とともにNG箇所を赤枠表示し作業者に注意を促します。

外部トリガー信号による検査も可能です。



お問い合わせ

ご質問や詳細な情報をお聞きしたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 050-5211-8270

製品サポートのご案内

フォトロンでは、製品を最良の状態でご使用頂くために、万全なアフターサービス体制を整えております。