No.67 意外に知らない?!オペレーションバックの使い方

CATEGORY
2D CAD

2014.02.24

作図中に、サーチする場所を間違えてしまったり、数値を入力しなおしたい場合など、わざわざコマンドをとりなおしていませんか?こんなとき、右クリックメニューの[オペレーションバック]を使うと、ちょっとしたミスや修正を、簡単にカバーできます。

たとえば、

  • 連続線を一つ前の通過点からやり直す
  • 数値や文字を再度入力する
  • 移動、複写で図形選択、基準点選択をやり直す

などの操作でオペレーションバックを使うことで、作図や修正のスピードアップを図ることができます。また、こちらのコマンドは [Backspace]キーにも割り当てられていますのでキーボード操作でコマンドを素早く実行することもできます。上記以外にも、様々なコマンドで使えますので、ぜひお試しください。

CADテクノコラムトップへ戻る

CONTENTS 関連するコンテンツ

PRODUCTS/SERVICE 関連する製品・サービス

製品・サービスの一覧を見る