No.47 ある要素の点から指定した距離に配置するには

CATEGORY
2D CAD

2012.12.13

「図脳CADシリーズ」には、図面作図の作業効率をあげる機能として、「右クリックメニュー」や「アシストビュー」があります。これらの機能を上手に使えば作業効率をあげることができます。

例えば、線分を、長方形の角から(X50,Y60)の位置に移動したい場合、マウスの右ボタンをクリックした際に表示される「右クリックメニュー」の「相対点入力」機能を利用すると、簡単に位置を指定できます。

  1. [編集]-[図形編集]-[図形移動]で移動する図形(線分)を選択します。
  2. 移動基準点(線分の端点)をクリックします。
  3. 画面上で右クリックし、右クリックメニューの[相対点入力]をクリックします。
  4. 長方形の角をクリックします。
  5. 数値入力ボックスが表示されるので、X座標(50)〃Y座標(60)を入力し、[Enter]キーを押します。

以上の操作で、長方形の角から指定した距離に、線分を配置できます。[相対点入力]は、図形複写や部品配置、線分や文字の作図コマンドでも使用できます。

CADテクノコラムトップへ戻る

CONTENTS 関連するコンテンツ

PRODUCTS/SERVICE 関連する製品・サービス

製品・サービスの一覧を見る