No.45 効率的な製図を目指して:マウス移動距離を少なくするには

CATEGORY
2D CAD

2012.12.11

CADで製図を快適に進めるには、コマンドや機能だけでなく製図画面(作図領域)の広さ、マウスの移動距離、クリック数といったユーザーインターフェースからの操作性が重要です。

図脳CADでは、右クリックメニューに自由にコマンドを割り当てられます。使用頻度が高いコマンドを割り当てておけば、コマンドを実行したい時にマウスを右クリックすると、マウスカーソルのすぐ脇にコマンドが表示されるのでマウスを移動させることなくコマンド選択できます。設定は以下の操作で簡単に行えます。

  1. [ツール]-[ツール設定]コマンドをクリックします。
  2. 「新規作成」ボタンを押し、右クリックに組み込むためのツールバーを作成します。この時に「右クリックメニューへ」にチェックを入れます。
  3. [コマンド]タブから、割り当てたいコマンドを手順2で作成したツールバーへドラッグ&ドロップ!
  4. 「初期値登録」ボタンを押して、設定を保存します。

以上の操作で、マウスを右クリックすると割り当てたコマンドが表示されます。複数の右クリック用ツールバーを用意して、作業に合わせて「右クリックメニュー」アイコンから切り替えることもできます。

CADテクノコラムトップへ戻る

CONTENTS 関連するコンテンツ

PRODUCTS/SERVICE 関連する製品・サービス

製品・サービスの一覧を見る