No.9 図脳RAPID15 / 15 PRO特集!(4)「強化された補助線機能について」

CATEGORY
2D CAD

2012.11.05

目的の図形を得るために作図した「接線」や「接円」。印刷に出したくないけど、後の作図に必要だから消したくない!!…といった場合、皆さまはどうされていますか?

「図脳RAPID15/15 PRO」では、これらの図形要素をワンクリックで補助線要素に変換する「図形-補助線変換」コマンドを搭載しています。
補助線要素に変換すれば、図形を消去したり、非表示レイヤに変更する手間もなく、スピーディーに印刷作業に入ることが可能です。また、補助線化した要素は「補助線-図形変換」コマンドで、再び図形要素に変換することもできます。一部の図形を補助線要素に変換してみましょう。

  1. [作図]-[図形-補助線変換]コマンドをクリックして、変換したい図形をクリックします。
    補助線要素に変換すれば、図形を消去したり、非表示レイヤに変更せずに、印刷対象外とすることが可能です。
  2. 補助線要素は[作図]-[補助線-図形変換]コマンドで、再び図形要素に変換することもできます。
  3. 【図脳RAPID15 PROだけのこんな機能も!!】
    「図脳RAPID15 PRO」のみ、図形と一緒に補助線を移動/複写/消去することができます。
    コマンドを選択後、右クリックメニュー[補助線連動]にチェックを付けることで、図形と補助線をまとめて編集することができます。

さらに強化された補助線機能で、より簡単に!より素早く!皆さまの製図作業をサポートします。
以前のバージョンをお持ちの方は、ぜひ一度「図脳RAPID15/15 PRO」の快適な操作性をお試しください。

CADテクノコラムトップへ戻る

CONTENTS 関連するコンテンツ

PRODUCTS/SERVICE 関連する製品・サービス

製品・サービスの一覧を見る