図脳CAD3D V2

new
図脳CAD3D V2
ものづくりの工程全体で活用できる3D CAD

製造準備

2D CAD 設計資産をムダにしない

『図脳CAD3D V2』に2D CADデータ(DXF、DWG形式)を読み込めます。三面図などの2D CADデータから断面形状を活用して、簡単な操作で3Dモデルを作成。 過去の資産を有効活用し、使い慣れた2次元設計から作成することで、スムーズに設計データの3D化を実現します。

2D CADデータからの3Dモデル作成手順

2D CADデータ(DXF/DWG)
1.2D CADデータ(DXF/DWG)
『図脳CAD3D V2』に取り込み、配置角度変更
2.『図脳CAD3D V2』に取り込み、配置角度変更
断面を利用して押し出し
3.断面を利用して押し出し
3Dモデル完成
4.3Dモデル完成

生産設備のレイアウト検討に

レイアウト検討における3Dモデルの活用例

レイアウト検討用途にも適しています。クリッピング表示機能により、検討したい領域だけを表示しながら効率的に作業ができます。3Dモデル上で干渉チェックをすることで、効率のよい設備レイアウト・導線の検討が可能です。作業ミスや事故、工程の遅延を軽減し、業務効率の向上につなげます。

生産設備のレイアウト検討
A.【クリッピング機能】
視点範囲を絞ってレイアウト検討
B.【干渉チェック機能】
設備の3Dモデルを配置しシミュレーションを実施

治具のモデリングに

治具設計を3D化して、治具の内製化を実現

治具の3D設計をためらう必要はありません。ダイレクト操作の『図脳CAD3D V2』なら、煩雑な履歴管理を考慮せず、直感的な操作でスピーディーにモデリングが可能です。

組立用治具を設計
組立用治具を設計
組立用治具を設計
3Dプリントした治具を製造工程で実装、必要なときにすぐに治具を製作

3Dデータを製造工程で活用

マニュアル、手順書

自由な方向から3Dモデルの画像を出力し、製造部門へのドキュメント作成に活用できます。形状が正確に伝わる、分かりやすい資料をスピーディーに作成出来ます。

手順書に3Dモデル画像を活用
手順書に3Dモデル画像を活用

加工データ

各種CAMソフトに対応したデータ形式に出力可能。製造部門や外注先へ正しく3Dデータを受け渡し、加工データの品質向上につながります。


お問い合わせ

ご質問や詳細な情報をお聞きしたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-3518-6272

サポートサービスのご案内

フォトロンは、お客様のCADライフを快適にする、充実のサポートサービスをご用意しております。

CONTENTS 関連するコンテンツ

PRODUCTS/SERVICE 関連する製品・サービス

製品・サービスの一覧を見る