ハイブリッド授業の運用/体制/課題などを具体的な事例とともにご紹介「ハイブリッド授業における授業収録活用の実践例」ウェビナーを10月14日(木)に開催

ハイブリッド授業の運用/体制/課題などを具体的な事例とともにご紹介「ハイブリッド授業における授業収録活用の実践例」ウェビナーを10月14日(木)に開催
CATEGORY
ニュースリリース / イベント・セミナー / 収録・配信

2021.09.30

講義/研修などの収録・配信システムの開発・製造・販売・輸出入を手掛ける、株式会社フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 瀧水隆)は、2021年10月14日(木)、ハイブリッド授業の運用/体制/課題などを具体的な事例とともにご紹介する『ハイブリッド授業における授業収録活用の実践例』ウェビナーを開催します。

新型コロナウイルス感染拡大により、2020年4月以降、全国の大学、高等専門学校、専門学校などの高等教育機関では、Web会議システムを使ったオンライン授業の実施が必要となり、2020年10月からは、オンライン授業と対面授業を同時におこなう「ハイブリッド授業」の実施数が増加しています。

本ウェビナーでは、ハイブリッド授業をおこなうための講義収録/配信システムやWeb会議システムを検討中のお客様や、取り組みを強化したいお客様に向けて、ハイブリッド授業の運用、体制、課題などを具体的な事例とともにご紹介します。

開催概要

アジェンダ

  • フォトロン収録/配信システムラインアップのご紹介
  • 著作権の対応について
  • ハイブリッド型授業 実践例のご紹介(よくある運用課題と対応事例)

関連情報

お問い合わせ窓口

株式会社フォトロン 映像システム事業本部

電話
03-3518-6274
FAX
03-3518-6279
メール

ニューストップへ戻る