図脳CAD3D

CATIAが使用する3Dカーネル
「CGM™CoreModeler」を搭載した
“日本初”の3DCADソフトウェア

20年以上の
ダイレクトモデリング
開発実績

CATIAカーネル
CGM™CoreModeler
搭載

日本初!図脳CAD3D

特長 01

CATIAネイティブデータをそのまま扱える

CATIA V5/V6が使用しているカーネル
「CGM™CoreModeler」搭載<日本初>

ダッソー・システムズ関連会社のスペイシャル社が提供する3Dモデリングカーネル「CGM™CoreModeler」を搭載することで、CATIA V5/V6のネイティブデータをダイレクト入力が可能です。

またCATIAのパーツデータを取り込んで「図脳CAD3D」で編集し、編集後のCADデータをネイティブデータのまま、CATIAへデータ出力することも可能です。

01
02

特長 02

ダイレクトモデリングならではの直感的な操作

履歴に左右されることなく
必要な箇所を自由に編集

ドラッグ操作で、移動オフセットや
勾配をダイレクト編集

本格的なソリッドモデリング

自由自在の曲面表現の
サーフェス機能

ワンタッチでモデルを単純化

3Dモデルから2次元図面生成

詳細を見る
03

特長 03

多彩なデータ互換を標準装備

標準機能で主要CADとのやりとりが可能

ハイエンドCADでも定評のある高精度なデータトランスレーター「3D InterOp」を採用することで、幅広い業界標準フォーマットおよびCADフォーマットのデータ入出力に対応しています。

トップへ戻る