Photron
ホーム お問合わせ サイトマップ Photron USA
フォトロンの製品 お客様サポート 企業情報 イベント情報
トピックス&コラム
2008/12/16

オリジナル年賀状を作ろう!

もうすぐお正月。来年の干支は丑ですね。師走の忙しいなか、これから年賀状を書こうという方もいらっしゃるのでは?
そこで今回はちょっと変わった年賀状の作り方をお教えします!


  • 作品例1

  • 作品例2

作品例1は最近流行りの"羊毛フェルト"で牛のぬいぐるみを作り、年賀状用にレイアウトしたものです。羊毛フェルトは縫物と違って針でチクチク刺すだけで簡単に形が出来上がるので、初めての方でも気軽に始められますよ。

作品例2はCAD初心者の方も必見!当社2次元CADソフトを使って、基礎技術を含んだ牛図形(?)の作成方法をお教えします。(※顔部分のみになります。)普通のペイントソフトで画像を描くのとは異なり、CADで設定しながら描くというのはどのような感覚なのかをお試しください。

今回は作成手順を"動画"や"説明文"などを組み合わせ、自在にレイアウトを変えて簡単に映像コンテンツが作れる「Power Rec MV」で収録し、「Power Contents Server」を用いてストリーミング配信しています!ぜひ一度ご覧いただき、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

羊毛フェルトでつくってみよう!

必要なもの

  • 材料:羊毛フェルト(白色・黒色・黄色)、プラスチックアイ3mm x 2個
  • 道具:フェルティング用ニードル1本、フェルティング用マット
    ※プラスチックアイや専用のニードル・マットは主に手芸屋さんで販売されています。

 (約5分)
※フォルダ内の[トピックス&コラム]よりご覧いただけます。

【内容】

  1. 胴体部分の作り方
  2. 顔部分の作り方
  3. 模様の付け方
  4. 組み立てて完成!
Power Contents Serverの特長

動画とテキストがあわさったコンテンツに対し、途中の見出しから確認できる"サムネイル"もついているので、ゆっくり手順が確認できます!

CADでウシを描いてみよう!

必要なもの

  • 図脳RAPID15/15PRO
    ※ソフトをお持ちでない方は無料体験版ソフトウェアをご利用ください!

    図脳RAPID無料体験版ダウンロード


 (約8分)
※フォルダ内の[トピックス&コラム]よりご覧いただけます。

【内容】

  1. 補助線の引き方
  2. 線分・円の描き方
  3. 「角丸め」の使い方
  4. 「塗図形」の使い方
Power Contents Serverの特長

CADの細かい設定画面もXGAサイズで表示できるので、操作が見やすい!

コンテンツをご覧になられても、もう素材から作っている時間がない!という方へは、上記でご紹介した年賀状イラストを今回に限り、フリーでプレゼントいたします!

さらに“ウシ年”にかけて、ハイスピードカメラで撮影した「ミルククラウン」のイラストもお付けします!

期間限定の配布ですので、皆様ぜひご利用ください。

(年賀状素材のダウンロード配布は終了いたしました)

ミルククラウンの動画は「興味があったこんなモノ撮ってみました!!」でご覧いただけます。

プライバシーポリシー