Photron
ホーム お問合わせ サイトマップ Photron USA
フォトロンの製品 お客様サポート 企業情報 イベント情報
トピックス&コラム
2012⁄7⁄31

Sports放送を最も感動的に魅せる技術

今年の夏、日本中が注目する“Sports(スポーツ)”と言えば?
いよいよ始まったLondon2012における各種競技に出場するアスリート達の活躍や、高校球児の聖地甲子園で繰り広げられる夏の全国高校野球選手権大会に期待をしている方も多いと思います。また、サッカーでは日本人選手が有名な海外チームに移籍したりするなど、テレビのスポーツコーナーはここのところ話題に事欠きませんね。
ところで皆さんは最近スポーツ中継や試合のハイライトをテレビでご覧になる際、このスポーツの≪魅せ方≫が変わってきている事にお気づきでしょうか?

スポーツ放送をもっと魅力的に!

テレビはこれまでも、情報をより具体的に・より詳細に伝えようと、様々な手法を生み出してきました。
そして現在では、複数のカメラ映像のなかから、一番魅力的な選手のテクニックのみを抜き出し、そこに解説やシミュレーションなども付加した映像に仕上げて、視聴者にドラマティックな≪魅せ方≫を提供することが多用されるようになってきました。
弊社では、こうしたテレビの映像技術に関する製品を数多く取り扱っており、スポーツ番組を裏で支えているのです。そこで今回は放送局向けの製品のなかから一部、スポーツにまつわる使い方や機能をご紹介します。

EVS XT3」は大規模なスポーツ大会において、その国際映像を管理・運用する放送センターでホスト映像サーバとして使用されています。London2012では、全ての競技映像を収録・保管し、世界各国の放送局へ必要な映像を配信します。
例えば"選手名“+”笑顔"などのキーワードで欲しい映像を検索・取得できるため、放送局が自社で撮影できなかった競技や大会で注目されたシンデレラアスリートを余すことなく視聴者へ伝えることができるのです。

C-Cast」はメイン映像のほかにマルチアングルで撮影された他の映像もあわせて視聴することができるシステムです。今年のバレーボール国際大会ではテレビで放送されたコート上からのメイン映像とともに、選手目線や監督の激励シーンなど別のカメラからの映像を好きなアングルから視聴できるようになりました。さらにタブレットやモバイル端末への配信設定やライブ映像との組み合わせも可能にし、さらに臨場感のある試合が楽しめるようになりました。

その他にも、サッカーの中継時にオフサイドラインを映像上に表示することができる「EPSIO」(使用事例はこちら)や、撮影側でもウルトラハイスピードカメラ「FASTCAM BC2 HD」という特殊映像に特化した機材により、選手の表情や決定的判定の一瞬を捉えているのです。

ハイスピードカメラによる「未体験映像の世界(スポーツ編)」はこちら

放送映像の裏側技術にも注目!

このように、スポーツをより魅力的に放送するために日々新たな技術が用いられ、そして視聴者はその表現をごく自然に受け止めていただいているものと思います。
今後もますますスポーツの話題は白熱していくと思いますが、その時ふと映像の裏側で使われている技術を発見していくのも、またひとつの楽しみではないでしょうか。

プライバシーポリシー