衝突安全性能試験

CATEGORY
自動車
KEYWORD
解析 / 試験・測定 / 研究・開発

2018.05.23

衝突安全性能試験の紹介とフォトロン製ハイスピードカメラ(高速度カメラ)による撮影事例を紹介します。

市販されている自動車では、衝突事故を想定して、衝突した場合でも乗車中の人の怪我を軽減する構造や装置を持っています。ここでは、それら構造・装置の試験方法の紹介と、事例としてフォトロン製ハイスピードカメラ(高速度カメラ)で撮影された映像を紹介します。

フルラップ前面衝突試験

フルラップ前面衝突試験は、ダミー人形を乗せた試験車を時速55kmでコンクリー卜製のバリアに正面衝突させます。この試験では、衝突時のダミー人形の「頭部」「頚部」「胸部」「下肢部」に受けた衝撃や室内の変形を評価します。

オフセット前面衝突試験

オフセット前面衝突試験は、ダミー人形を乗せた試験車を時速64kmで運転席側の一部をハニ力ムに前面衝突させます。
この試験では、衝突時のダミー人形の「頭部」「頚部」「胸部」「腹部」「下肢部」に受けた衝撃や室内の変形を評価します。

側面衝突試験

側面衝突試験は、ダミー人形を乗せ静止状態の試験車に質量950kgの台車を時速55kmで衝突させます。この試験ではダミー人形の「頭部」「胸部」「腹部」「腰部」に受けた衝撃をもとに、乗員保護性能の評価します。

後部衝突試験

後部衝突は、ダミー人形を乗せた停車中の試験車に、後面から別の試験車を衝突させます。

チャイルドシートアセスメント

チャイルドシートアセスメント、衝突時のチャイルドシートの安全性を評価する試験です。スレッドにチャイルドシートを取り付け、スレッドの打ち出しにより生じたチャイルドシートの変化を評価します。

ソリューションのトップへ戻る

PRODUCTS/SERVICE 関連する製品・サービス

CONTENTS 関連するコンテンツ