生産現場の改善策

CATEGORY
可視化 / 設計
KEYWORD
製図 / 図面管理 / トラブルシューティング

2018.05.23

生産技術の簡単な業務内容と、業務内容に適したフォトロン製品を紹介します。

生産技術は、モノづくりにおいて製品や部品を効率よく生産する体制を構築する仕事です。様々な視点から生産業務の改善・改良を測り、生産効率の向上を実現します。

生産技術に求められること

モノづくりは、品質 (Quality)、コスト (Cost)、納期 (Delivery) の3つで成り立っています。これらを上手く管理することで、高品質なモノを短期間かつローコストで生産することが可能となります。

生産技術の仕事内容

生産技術の主な業務には以下のようなものがあります。

  • 生産体制の課題を発見
  • 生産設備の見直し
  • 生産ラインの改良
  • 生産設備の手配
  • ジグの設計
  • ラインへのジグ配置
  • 加工手順の策定
  • 部門間の橋渡し

など

生産技術分野に最適な製品群

保守費0円の圧倒的なコストパフォーマンスと、他部門や取引先との図面のやり取りをスムーズにする豊富なインターフェースを持つ2DCAD「図脳RAPIDPRO19」と、上流工程で作られたモデルを計測・加工できる多機能3DCAD「図脳CAD3D」の組み合わせで、生産技術分野のワークフローを進化させます。膨大な図面データや技術資料などの管理には、図面・技術資料統合管理システム「図脳TeCA(ティーカ)」が威力を発揮します。
さらに、生産現場向けのハイスピードカメラ(高速度カメラ)「PhotoCam SpeederV2」には、製造現場での撮影を考慮した様々な機能が搭載されており、簡単操作で設備や装置の一瞬の動きをスーパースローモーションで克明に映し出すことができます。これまでエンジニアに憶測での判断を強いてきた「高速挙動」を可視化することで、確信に基づく「高度なモノづくり」を実現します。

優れた互換性とコストパフォーマンス、純国産2DCAD

図脳RAPIDPRO19

保守費0円の圧倒的なコストパフォーマンスの2DCADです。DWG・DXFなどのデータを高精度で直接入力/出力。高度な作図/編集機能と直観的な操作性で、スムーズに使いこなせます。

図脳RAPIDPRO19

CATIAが使用するカーネルを搭載した3DCAD

図脳CAD3D

CATIAのネイティブデータが読み込めるダイレクトモデリング3DCAD、様々なデータ入出力にも対応しています。

図脳CAD3D

図面・技術資料統合管理システム

図脳TeCA(ティーカ)

図面や技術資料の管理/活用の課題を解決するWeb版の情報管理システム。Webブラウザで図面や技術資料の登録、閲覧や印刷ができます。

図脳TeCA(ティーカ)

生産現場向けハイスピードカメラ(高速度カメラ)

PhotoCam SpeederV2

生産現場で要望の多かった「簡単な操作性」「小型で軽量」「2カメラ同時撮影」「長時間録画」「複数の映像の比較」などの機能を搭載し、エンジニア向けに開発したハイスピードカメラ(高速度カメラ)です。

PhotoCam SpeederV2

ソリューションのトップへ戻る

前の記事

建築設備とCAD

次の記事

燃焼の可視化

CONTENTS 関連するコンテンツ