IDP-Express R2000シリーズ

IDP-Express R2000

2台のカメラヘッドを同時接続可能なPCメモリ直接記録型ハイスピードカメラ(高速度カメラ)

IDP-Express R2000は、小型・軽量サイズながら25万画素で2000コマ/秒の撮影性能を持つカメラヘッドを2台同時で接続でき、撮影されたデータはリアルタイムにPCのメインメモリに転送・記録されます。このアーキテチャにより、PCベースでのシンプルな高速度カメラとして、他のPC周辺機器と組み合わせた計測装置として、あるいは製造・検査装置・システムのコンポーネントの一つとして、幅広くご活用いただけます。

特長

PCの大容量メモリへ直接記録することで、高スペックと低価格を両立

コンピューターの性能向上と当社FASTCAMシリーズで培った高速データ転送技術により、高速撮影されたデータをPCの大容量メインメモリに直接記録することが可能となりました。カメラヘッドには弊社独自のC-MOSイメージセンサを採用。低価格を実現しつつ、512×512画素で1,000FPSという高速度画像を1分以上、2,000FPSで40秒以上記録可能です。

PCベースの高速ビジョンシステムとして柔軟な拡張性

メインメモリ上に画像データが存在することで、ソフトウェアによるシームレスな高速ビジョンシステムを構築することが可能です。カメラ制御や画像取得など標準的な機能をまとめた関数群をSoftware Development Kit(SDK)として標準添付、Visual Studio(C/C++)を使って効率的に独自のアプリケーションプログラムを作成することが可能です。

キューブ型とペンシル型、2種類の小型・軽量カメラヘッドを用意

狭いスペースへの組込みやロボットビジョン等にお使いいただけるように小型・軽量カメラをご用意いたしました。キューブ型は 35×35×34mm、90g(レンズ、コネクタ部を除く)、ペンシル型は23×23×77mm、145g(ストレートタイプ、レンズ・コネクタを除く)、ご用途に合わせて自由に組み合わせ可能です。

キューブ型
キューブ型
ペンシル型
ペンシル型

FASTCAMシリーズのコントロールアプリケーション、SDKを標準付属

当社ハイエンドハイスピードカメラであるFASTCAMシリーズ用に開発され全世界で使われているPhotron FASTCAM Viewer(PFV3)をIDP-Expressにも標準添付。カメラ制御はもちろん、さまざまなファイルフォーマットへの対応、強力な動作再生機能、プラグインによる拡張機能など、FASTCAM製品と同等の機能を提供します。

PCに組み込み済みの「デスクトップパック」、ノートパック形式で販売

製品購入後直ぐに撮影が可能な様に、製品をデスクトップPCに組み込んだ「デスクトップパック」として販売。「Photron FASTCAM Viewer(PFV3)」と相まって、簡単・迅速に機材の使用開始が可能です。

ノートパック
ノートパック
デスクトップパック
デスクトップパック

—FPGAによるハードウェアでのリアルタイム処理評価版徴—

FPGAによるハードウェアでのリアルタイム処理評価版

IDP-Express 2000-Fは、ユーザーが開発・書込み可能なオンボードのFPGAを搭載し、ユーザー独自の前処理が可能となります。

この製品はES(エンジニア・サンプル)対応となります。詳しい条件等はお問い合わせください

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報をお聞きしたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-3518-6271

リアルタイム画像処理(IDP-Express)の導入事例

リアルタイム画像処理の導入事例について、サンプル動画を用いてご紹介いたします。

製品サポートのご案内

フォトロンでは、ハイスピードカメラ(高速度カメラ)製品を最良の状態でご使用頂くために、万全なアフターサービス体制を整えております。

「未体験映像の世界」

フォトロンのハイスピードカメラ(高速度カメラ)で実際に撮影した『スローモーション動画』を様々なジャンルにわたりご紹介しております。