Kada-Serve

マルチモダリティ対応で1台4役の高機能DICOM動画サーバ Kada-Serve

  • 製品カタログ ダウンロード
  • 製品カタログ 郵送

「Kada-Serve」はアンギオやIVUS、超音波、CT、MRIなどのDICOMデータを受信し、管理するDICOM動画サーバです。DICOM データを保存すると同時に、軽量サイズのWindows Media Videoファイル形式も自動で作成し、DICOMデータ(原本画像)とWMVデータ(参照画像)の両方で運用できます。それにより、DICOMサーバとしてだけでなく、Webサーバ、マルチゲートウェイサーバ、レポートサーバとしても活用でき、1台4役のコストパフォーマンスを得られます。

Kada-View Web

また「Kada-Serve」にはネットワーク上の端末でKada-Viewと同等の操作がおこなえる「Kada-View Web」が搭載されております。
Kada-Serveに保存されるWindows Media Video(WMV)データでHIS/RIS/PACSや電子カルテなどの院内システムとシームレスな連携を実現し、ネットワークに負担をかけずに院内端末のどこからでも動画像を参照・活用することができます。

Kada-Portable

また「Kada-Serve」と接続して、動画/静止画を効率的かつセキュアにスマートフォン(Android)へ伝送し、簡単に高速閲覧できるシステム「Kada-Portable」もご用意しております。
※販売は終了しました。


主な特長

WMVテクノロジー採用

Windows Media Video(WMV)形式の採用により、高画質かつコンパクトなデータサイズでの動画の運用が可能。たとえば約30MBのDICOMデータを約2MBのWMV形式データに複製圧縮可能。DICOM原画像を約6%まで軽量化することでストレージスペースの効率化や、レスポンス重視が目的の動画像検索で、ネットワーク負荷が軽減できます。

ページ上に戻る

運用に合わせたシステム設計が可能

ページ上に戻る

フォトロン M&E ソリューションズ株式会社に関するお問合わせ

  • メールでのお問合わせ メールフォーム
  • 電話でのお問合わせ:03-3518-6282

導入事例

  • 導入施設一覧
  • 導入事例
  • ケーススタディ
  • 製品カタログ
  • イベント情報

ソーシャルメディアアカウント

  • フォトロン公式Twitter @Photron_PR
  • フォトロン公式 YouTubeチャンネル