フォトロン メディカル イメージング株式会社 製品一覧

循環器部門向けDICOMソリューション(Kadaシリーズ)

DICOMデータの高速表示(DICOMビューワ)、管理、記録、配信(DICOM動画サーバ)、画像参照からレポート入力・データ保存(レポーティングシステム)、電子カルテやPACSとの運用連携までを実現。最新の動画処理技術による医用画像の動画ネットワークシステムを構築し、循環器部門におけるトータルソリューションを提供します。

アンギオやIVUS・超音波・CT・MRIなどのDICOMデータを、快適に表示する為のソフトウェアビューワです。マウス操作のみで画面制御ができる独自の「Kadaインターフェース」、充実したファイル変換機能に定評があります。

無料体験版 ご請求はこちら


DICOMプロトコルによる画像のネットワーク転送・受信に対応した、サーバソフトウェアです。DICOMデータ(原本画像)から自動的に、Windows Mediaファイル形式に圧縮した参照画像を作成、配信し、PACS、電子カルテ等との連携が可能です。


「Kada-Report」は、サーバ・クライアント型の循環器領域向けレポートシステムです。「Kada-View」、「Kada-Serve」とシームレスに連携し検査画像を加えたレポートの作成が可能となります。


「Kada-Rec」は医用画像ネットワークと連携できる透視像録画/配信システムです。長時間の透視像を効率よく圧縮し、患者属性情報とともに保存、管理がおこなえます。


TAVIを支援する最先端の術前シミュレーションソフト 3mensio Structural Heart

3mensio Structural Heartは、TAVIを支援するために開発されたソフトウエアです。直観的なグラフィックユーザーインターフェースにより、迅速かつ簡便に大動脈弁やアクセスルートを視覚化し分析することができます。術前のシミュレーションの時間を大幅に短縮し、ワークフローの効率化が図れます。


販売終了製品はこちら

フォトロン メディカル イメージング株式会社に関するお問合わせ

  • メールでのお問合わせ メールフォーム
  • 電話でのお問合わせ:03-3518-6282

導入事例

  • 導入施設一覧
  • 導入事例
  • ケーススタディ
  • 製品カタログ
  • イベント情報