特長:エンジニアの「見たい」を自由に 生産現場の声をカタチにしたハイスピードカメラ

高速な生産プロセスの課題も、スーパースローモーションで正確に捉えれば改善の糸口がつかめる。

SpeederV2が今まで見えなかった瞬間を可視化する

一般的なビデオカメラでは1秒間に30コマの撮影速度ですが、SpeederV2は1秒間1,000コマ以上のハイスピード撮影が可能です。肉眼では見ることができない一瞬の動きをスーパースローモーションで可視化し、不具合の発生過程を正確に捉えることができます。

設備・装置の検証に最適な撮影速度

SpeederV2は、製造業における様々な工程の検証に最適な撮影速度を選択できます。食品・薬品業界の充填・搬送、印刷・包装業界の紙折り、半導体業界のピック&プレース、機械加工業界の切削・プレスなど、様々な工程に対応しています。
資料請求・お問い合わせ