リアルタイム画像処理

IDP-Express

2台のカメラヘッドを同時接続可能なPCメモリ直接記録型ハイスピードカメラ(高速度カメラ)です。

IDP-Express R2000について
Image Capture Board

フォトロンの画像キャプチャボードは、CCD・CMOSカメラの映像信号をPCのメインメモリにデジタル画像としてキャプチャすることができます。

画像キャプチャーボード 製品一覧

リアルタイム画像処理について

リアルタイム画像処理とは、カメラ信号をキャプチャボードを使用してPC上のメインメモリに取り込み、即座に処理を行い、同じ作業を連続して絶え間なく処理する事です。
弊社のキャプチャボードはDMA(Direct Memory Access)転送で、システムのCPUを介すことなく、高速に直接メインメモリに記録できます。画像の取り込みの間隔と画像処理の作業量が成立する範囲で行う事により、リアルタイム画像処理となります。
IDP-Express R2000では、512x512ピクセルの画像を2chで秒2000枚(合計4,000枚)のDMA転送が可能であり、高速ビジョンシステムを構築することが可能です。
IDP-Expressの高速画像処理の事例について紹介いたします。

IDP-Expressの導入事例について詳しく知りたい方はこちら
IDP-Expressシリーズ構成・オプション品など構成はこちら