ハイスピードカメラ(高速度カメラ)について

フォトロンのハイスピードカメラ(高速度カメラ)について基本的な機能、用途についてご紹介いたします。

ハイスピードカメラ(高速度カメラ)とは

ハイスピードカメラ(高速度カメラ)は、目にも止まらぬ短時間の高速現象を高速撮影して、スローモーションで観察する特殊なカメラ装置です。通常のビデオカメラは、1秒間に30枚の撮影をおこないますが、ハイスピードカメラ(高速度カメラ)は、1秒間に数百〜数万枚の高速撮影ができるため、驚くほど鮮明なスローモーション映像の再生が可能になります。撮影速度はfps=frame per secondの単位で表し、ハイエンド機種では200万fpsと超高速撮影が可能です。

通常のビデオカメラ(30fps)の場合 通常のビデオカメラ(30fps)の場合
ハイスピードカメラ(2000fps)の場合 高速度カメラ(2000fps)の場合

ハイスピードカメラの用途

ハイスピードカメラ(高速度カメラ)はおもに企業や大学などの研究・開発機関など様々な分野で使われています。たとえば、自動車の衝突時の安全性を高める場合、まず、自動車が衝突する瞬間を撮影し、スローモーションで観察し、どの部分が弱いのか理解することではじめて、どの部分をより頑丈に設計するかを検討することが可能になります。このように人間の眼や通常のビデオカメラでは捉えきれない瞬間の現象をスローで見えるようにすることで、瞬間に何が起こっているのかを理解することに効果を発揮します。

エレクトロニクス分野

スマートフォンやノートPCといったモバイル端末では、落下時の挙動や変形を確認します。インクジェットプリンターのインクがどのように塗出されるか撮影し品質向上に貢献しています。

生産技術分野

生産ライン上での高速挙動の一瞬の不具合がいかにしておきるかを可視化します。
高速化する生産設備の中で歩留まり改善に活躍しています。

流体分野

高速の液体や気体の流れを可視化および計測する為に活躍しています。PIVと言われる画像計測法を用いて流れの方向や速度を計測し分布化します。

自動車分野

自動車の衝突安全試験では、衝突時の乗員や歩行者を保護する為の研究に活躍しています。エンジン分野では燃費向上の研究に内部の燃焼状態を撮影して燃焼効率向上に活躍しています。

フォトロンのハイスピードカメラについて、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合わせください。

  • メールでのお問合わせ
  • お電話でのお問合わせ 03-3518-6271